パターでもけっこうダフるぞ!芯を捉えるには浮かせて打つ!

つい先日、今年初コースでした。強風吹きすさぶ中のプレーでした。ゴルフって冬はあんまりやるもんじゃないかもしれません。案の定次の日から風邪を引きまし...

つい先日、今年初コースでした。強風吹きすさぶ中のプレーでした。ゴルフって冬はあんまりやるもんじゃないかもしれません。案の定次の日から風邪を引きました・・・。

結果は・・・98! くっそ寒い中と強風というコンディション、さらには1ヶ月半ぶりにゴルフクラブを振ったわりには自分としてはまあまあでした。

でも、パット数は41。これは80台を目指すワタクシにとってはアカン数字です。だって、ほぼ半分のストローク数を占めてますからねえ。。。

ただし、今回のこのパット数は多いんですけど、ちょっと今後に繋がりそうな予感が・・・^^

あ、ちなみにワタクシのゴルフスペックを紹介しておくと―

ゴルフ歴:もうすぐ丸3年。
コース回数:約25回
ベスグロ:91
ワースト:120
直近5コース平均スコア:97
ドライバー平均飛距離:たぶん200yくらい
得意なクラブ:ウェッジ
苦手なクラブ:ミドルアイアン、パター

あまり冒険をしない年寄りじみたプレースタイルと中傷されることもありますw ていうか、基本飛距離が出ません。(最近ようやく人並みに)

Sponsored Link



成長しているという手応えが全くないパッティング・・・


今まで使ってきたパターは2本。初めは友達からもらったキャロウェイのピン型。これがあまりにもフィットしないと感じたので初心者向けという、オデッセイVERSAシリーズのネオマレットタイプを購入。

odess


でも結局どっちを使っても代わり映えのしないパット数。ベストが32でワーストが42。平均がここ5ホールで37.8。もうほぼ1ホールにつき2パットしてるってことですわ・・・。

上手い人に聞くと、30を目指したいね~ということ。パット数30で回れたら今回のスコア98も87ですよ!もうこれで目標(80台)達成。

パッティングの失敗パターンが見えてきた


miss


そもそもこれが正しいパッティングだ!という基準がないために、その時のノリというかフィーリングでやってしまうことが多かったんです。

で、ワタクシのミスの傾向は、【カップまで届かない】ことが非常に多い。そう、いわゆるショート。

とくにロングパットは超苦手。ダフることもしばしば^^; ダフってチョロで4パットとかありますからね・・・・。たった数十センチしか振ってないのにダフるってどういうこと!!!

ダフるまでは行かないにしても、近い距離でもけっこうショート気味です。ショートするとカップに入るという可能性がゼロ!これはよろしくないです。

Sponsored Link



パッティング失敗の原因がようやくわかった


一緒に回る人からは「あー打てなかったねえ」と言われたりしますが、本人は打ったつもりなんですけどねー。でも距離が出ない。自分のイメージと全然かけ離れてます。

まあ今回も原因がわからないから出たとこ勝負!wって感じで練習用グリーンへ。そこでふと一人の男性のパッティングが目に入りました。何気なくその人のパッティングを見ていると、パターを浮かして打ってました。

言い方を変えると、パターのソールを芝につけないで打っているということです。

(あれ?俺も浮かせて打ってたっけ??)と何だか気になったので、自分も今まで通り打ってみました。すると自分のパッティングは地面につけてストロークしてました。

気になったので、その男性のように試しにパターを浮かせて打ってみると、、、音が全然違うんです!!そしてボールの走りも。

あまりバックスイングしなくても、ボールがコロコロ転がるじゃあありませんか!

ようやく気づきました。ワタクシのパッティングは

「芯に当たってなかった」

ということを。。。打ててないという言葉に違和感があったのがコレだったんです。芯に当たってなかったんですねえ~。納得。

3年近く「芯に当たっていない」と気づいてなかったので、クロスハンドにしたりスタンスを変えてみたりと試行錯誤していたのですが、結局は「芯に当たっていない」これだけだったんです。。。


と、さも大発見のように書いてますが、ネットで調べたら「パターを浮かせて打つ」なんてことは、多くの方がはるか昔から書かれてましたwww

こういうことです。

patt

(参照:三井住友海上ネットde保険@ゴルフ)


でも、一緒に回ったメンバーに聞くと浮かせて打っている人はいませんでした。芝に軽く触れるくらいと言う人はいましたけど。あまり気にならない人は気にならないのかも。ワタクシは劇的に変わりすぎてうれしくてこうやってブログに書いちゃってますが^^;


結局練習しかないっす


芯に当たる感触がわかり、コースに出たものの結果41パット。1パットは3回。あとはまあいつも通り。でもこれは数字だけであって、パット内容はガラリと変わりました。

数回あったものの、ショートすることが激減しました。というかオーバーしてパット数が増えてしまったんです。だから今までと内容は大違い。

あとはどのくらい浮かせれば良いのか?そして距離感を身体に染み込ませていくしかない!それには練習あるのみなんですけどね。。。。

ちょっと次回のコースが楽しみになってきました~!

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆パターでもダフるぞ!
◆ソールを浮かせて打つとボールの芯を捉えることできる!
◆かと言ってすぐにスコアに直結しなかった!
◆反復練習するしかない!
◆パッティングは難しい!

 
今回は以上です☆

Sponsored Link


PREV:フリスクよりも良いかも?口臭対策タブレットを購入。効果は?
NEXT:FXについて何も知らないド素人が自動売買ソフトで取引開始。