酵素(寝かせ)玄米を自宅で作りたい!専用炊飯器を購入してみた!

これは「酵素玄米」とか「寝かせ玄米」、と呼ばれる玄米ご飯なんですけど聞いたことや食べたことがあるでしょうか?発酵発芽玄米なんて呼ばれ方もしますけど...

これは「酵素玄米」とか「寝かせ玄米」、と呼ばれる玄米ご飯なんですけど聞いたことや食べたことがあるでしょうか?発酵発芽玄米なんて呼ばれ方もしますけど。

ワタクシは1年前まで存在すら全然知りませんでしたが、食べてみるとかなり衝撃を受けます。

「これってホントに玄米??」って。

玄米というと、パサパサしてるというか、正直あまり美味しくないイメージですよね。でもこの玄米は全然違うんです。もっちりしたもち米のようでそして何となく香ばしくて、まあとにかく美味しいんです!

ワタクシがこの酵素玄米を食べたのが去年の春。とあるイベント会場で「酵素玄米カレー」を頂いて衝撃を受けたんです。

だからその後も気になっていて、ネットで調べてみるとけっこう前から話題になっているんですねー。かなり流行に遅れでしたw


自宅でも作っている人がいるみたいですが、作り方を見てみるとけっこう大変そう。圧力鍋の方が上手くできそうですが、それでも失敗することが多いみたいなのでパス。

とりあえずお試しで、何度か通販で酵素玄米を購入。

uywaeru


はと麦ブレンドだったり黒米ブレンドもありますが、個人的にはプレーンが一番好きでした^^

この寝かせ玄米(酵素玄米)を販売しているのは【結わえる】という会社。>>寝かせ玄米【結わえる】の販売サイト
ここの結わえるさんでは酵素玄米ではなく、寝かせ玄米と呼んでいますね。たぶん呼び方が違うだけで中身は一緒だと思います。

レトルトは1食分にパックされているので、非常食や携帯に便利です。ただし、やっぱり割高かなーと。たまに食べるとか、お試しに、ならいいかもしれませんが、主食として毎回食べるとするとエンゲル係数が上がりますね・・・。

もちろん店で食べるのはもっと高くなりますから、何とかカンタンに自分で作れないかな~と探していますと、あるじゃないですか!

「酵素玄米専用炊飯器」

というシロモノが!!

今までなら圧力の調節とか難しいと言われていたの酵素玄米作りでしたが、専用炊飯器はボタン操作だけで数時間後には炊き上がっているという。。。

これは買うしかない!ということで目ぼしいところを探してみると、どうやらメーカーが3つあるようですね。「酵素玄米pro2」「圧力名人」「なでしこ健康生活」の3つ。

スペックとか値段を見てもそれほど変わりはないみたいですね。特徴を挙げると、

・酵素玄米pro2は昔からある
・圧力名人は内釜にこだわりがある
・なでしこ健康生活は一番売れている

って感じでしょうか。ホントはもっと他にあるかもしれません。あとは特典がいろいろあるんでそこも選択肢に。


で、さんざん悩んだのですが、ワタクシは「なでしこ健康生活」に決定しました。理由は妻の意見を尊重・・・w

nadesiko


特典もあるけど、デザイン的にカワイイというのが一番のようです。(キッチンに合うかどうかも重要ってことのようです)

それにその頃ちょうどバージョンアップしたというのもあります。(なでしこ健康生活から新なでしこ健康生活へリニューアル)

>>「新なでしこ健康生活」公式ページの詳細はこちら

もう使い始めて6ヶ月が経とうとしています。普段キッチンに立つことはほとんどないのですが、この炊飯器が欲しい!と言った手前、酵素玄米を作るのがワタクシの日課となっています^^;

もう随分と慣れたものです。と言っても小豆と塩を入れて玄米を炊くだけですからね。

これは寝かせて2日目の状態。

これは寝かせて2日目の状態。


ただ、いろいろと調べていく中で、玄米食は気をつけないといけないなーと思うことがいくつかありました。

玄米は発芽させないといけない


お米専門店などを覗くと時々注意書きなんか書いてありますが、玄米は消化に悪いといわれています。玄米食べると下痢をする、なんてあるみたいですし。

玄米は種子なので「発芽毒」を持っています。これが、消化されないように玄米を守っているために消化が悪いと言われるのです。

でも発芽モードに入った玄米であれば消化が良くなるので問題ないようです。ぬるい温度のお湯に数時間浸された玄米は発芽の準備が始まります。その状態で炊き上げると、消化の良い美味しい玄米ご飯が出来上がるというわけです。

圧力鍋や普通の炊飯器では発芽モードに移行させるのがとても難しいし、手間がかかるのですが、専用炊飯器は玄米を発芽モードへと自動に進めてくれるのです。

たくさん食べすぎてはいけない


美味しいので思わずたくさん食べたくなりますが、かなりモチモチしてるし実際に少量で腹持ちが良いので、食べ過ぎるともたれます。

若い子なら良いかもしれませんが、アラフォーはたくさん食べれません。

ただ、これは裏を返せば少量で済むのでダイエットになるということです。栄養価も高いからなおさらですね。


カラダに良いし、しかも美味しくて言うことなしなのですが、以上の事に気をつけないといけないな、と思った次第です。あと玄米は精米していないので、無農薬の玄米を買うようにしています。

だから白米よりも少し割高ですね。まあできた酵素玄米を買うよりは割安ですけど。

新・なでしこ健康生活を実際に使ってみて


はじめは物珍しくて作るけど、だんだん飽きてきて作らなくなる・・・というよくあるパターンになるかも?wと思ってましたが、半年経った今でもせっせと炊いておりますよw

なでしこ健康生活には「お好みの味機能」というのがあります。

okonomi


この機能を使うと、柔らかさや香ばしさを変えることができるので、いろんなバリエーションで楽しめます。よりもっちりとそして熟成させるのであれば、気持ち水を多めにするのがポイントですよ♪

もちろん白米も炊けますから、銀シャリじゃないとなーという年配者にも十分対応できます^^ しかも圧力が一般の炊飯器よりも高いので、すぐに炊けます。最短約20分で炊けてしまうのはけっこう使えます。

あとは、パンや煮込み料理もできますから、まさに多機能炊飯器として活躍してくれます。(パンと煮込み料理は作ったことはありませんけど・・・)

価格としては一般的な炊飯器よりも高いんですが、その金額が高いと思わせないほど使い倒しています。そう考えると買ってみて正解でした^^

ただひとつの懸念材料


酵素玄米は寝かせることによって熟成されて、より美味しくなってくるわけですが、炊飯器がひとつだけだと寝かせることができない!ということがネックです。

炊き上がってすぐに食べても十分美味しいんですが、3日後4日後の酵素玄米と比べたらねえ・・・。我が家は幸い炊飯器がもう一つあるのでそっちに移していますが、一つしかない場合は寝かせるのはちょっと厳しいのではないでしょうか。

だから安いものでいいのでもうひとつ炊飯器が欲しくなります。そうするとキッチンのスペース確保も考慮しなくてはいけません。


手入れとか


毎日使っていると、やっぱりお手入れもしてあげないといけません。お手入れがするのは以下の3つ。「中の内蓋」「水受け」「吹き出し口」です。

中の内蓋はお米の糊がついてくるのでたまに洗います。カンタンに取り外せます。

uti



水受けは本体の後ろに付いていて、水が溜まるのでそれを捨てるのを忘れないようにしなければいけません。

mizuuke



あとは蒸気の吹き出し口も時々拭いてあげます。プシュー-ッ!っとかなりの勢いでここから蒸気が吹き出すので、はじめはビックリしますw ここも取り外しができるので清潔に保てます。

steem


それ以外は特別やることはないので、手入れはラクだと思います。


ということで、「なでしこ健康生活」は自宅での酵素玄米作りのハードルをグッと下げてくれる炊飯器です。玄米を自動で発芽状態にしてくれるというが本当に画期的だと思います。

これがもっちりした消化の良い玄米にしてくれるヒミツなんですねー。

>>「新なでしこ健康生活」公式ページの詳細はこちら
 
 

PREV:ハイブリッドな腸活サプリ「藍の快調サポート」を購入した理由
NEXT:アホエンオイル(にんにくオイル)を自作!作り方は?ニオイは大丈夫?