尋常性疣贅(ウイルス性イボ)を冷凍凝固法で!もう一息まで来た!

gyouko
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 前回の記事から1ヶ月経過していますが、その間、2回治療に行きました。...

Sponsored Link




前回の記事から1ヶ月経過していますが、その間、2回治療に行きました。だから液体窒素による冷凍凝固治療を計4回受けたことになります。

3回目の後がこれ。

Jpeg
ほんのり茶色っぽくなっているのがわかるかと思います。先生には聞いてませんが、中で出血しているのかもしれません。まあいずれにしろ痛いことには変わりなく、そして慣れませんw

術後2、3日は当たりどころが悪いと「ウッ!」となります。。。これも耐えるしかない!とガマンしてますがストレスですね。かばった足のつき方になるのでなんとなく足裏からふくらはぎまでも疲労感が出ます。

そして今回4回目の最新画像。

Jpeg
茶色っぽさも取れてかなりキレイな感じになってきました。ただ、先生に言わせるともう一息だそうで、よーく見ると中央のあたりに
黒い点々があるんです。これがイボの根っこというべき所のようで、ここが消滅しないと完治とはいえないそうなんです。

ただ、今回の処置でほとんど消えるようです。いちおうまだ治療は継続なので、また2週間後あたりをメドに通院予定です。

Sponsored Link



なぜ尋常性疣贅ができてしまうのか?原因は?


このイボができてしまう原因はこちらの記事でも述べているように、免疫力の低下によってウイルスの増殖を防ぐことができなくなるためなんですね。

今回皮膚科の先生にも原因を聞いてみましたが、やはり同じ答えでした。免疫が落ちているとできてしまうと。免疫力が低下するといろんな菌に冒されて、人によっては風邪のような症状が出たり、怖いところではガンなんかもそうですよね。

これがたまたま私の場合は皮膚にイボという形で出たということなんでしょう。ガンじゃなくて良かったというべきか・・・。あと先生に聞いたら「体質もある」ともおっしゃっていました。

イボ体質・・・カエルみたいですねw 

ibo

尋常性疣贅は治療する必要はあるのか?


このイボを取るためにこんなに痛い思いと時間とお金をかけているわけですが、よくよく考えるとこの尋常性疣贅って治療する意味あるの?とあらためて考えてしまいました。

というのも、調べてみたら別に悪性腫瘍になるわけでもないし、痛くなるわけでもないですから放置しておいても別に問題はないのです。まあただ、場所によっては体重がかかったり当たると痛いケースもあるみたいですが。

あ、他人に感染させるというのも良くないか・・・。でもできても特に悪さしないんですから・・・強いて言うと見た目とか気分の問題が一番ネックになるんでしょうか。顔にイボができたらショックですぐに取りたくなりますが、足の裏ですから誰も見やしないんですけどね。

あと一息のところまできて、ふとそんなことを考えてしまいました。

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆治療4回目で完治あと一歩のところまで来た!
◆黒い小さな点々がイボの本体!
◆やはり原因は免疫力の低下!体質もある!
◆尋常性疣贅って取る必要性ある?

 
今回は以上です☆

Sponsored Link

PREV:尋常性疣贅の冷凍凝固療法はやっぱり痛い!スピール膏のコツについて
NEXT:ガッテンで便秘解消法について!大ぜん動とは?うつ伏せ寝がイイ?