寝起きの腰痛の原因は寝返りにある?対策や解消法について!

negaeri2
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 朝になり目が覚めて、さあ起きなきゃ!という時に必ず腰が痛い・・・とい...

Sponsored Link



朝になり目が覚めて、さあ起きなきゃ!という時に必ず腰が痛い・・・という方、たぶんたくさんいらっしゃると思います。この寝起きに出る腰痛には原因があります。

それは「寝返り」です。

では、腰痛になるのは寝返りのやり方が悪いのでしょうか?・・・・そうではありません。原因は寝返りの「回数」です。

寝返りが少ないと・・・


sisei


就寝中に成人が寝返りをする回数というのは、朝までに平均20回おこなうと言われています。(睡眠時間にもよりますが)

子どもだと、もっと寝返りの数は増えます。とんでもないところまで動いていたりしますよね(笑)ところが、寝起きに腰痛がある人は、
寝返りの回数が少ないということがわかってきています。

極端な人ですと、一晩に2回くらいしか寝返りを打ちません。寝相が良いと思われがちですが、身体にとってはかなり良くないことなのです。

なぜなら、寝返りを打たずに寝ていると、身体の同じ箇所にずっと荷重がかかります。とくに腰の部分は内蔵もあるので腰にかなりの重みがのしかかっています。

「床ずれ」「褥瘡」という言葉は聞いたことがあると思います。入院などで長期にわたり寝たきりになっていると、圧迫がかかっている部位の血流がなくなり、組織が壊死して傷ができる症状です。

この症状がもっとも出やすいところをご存知でしょうか。それは仙骨周辺です。このことからも、腰の周辺には圧迫がもっともかかるということがわかります。

圧迫がかかるということは、血流が滞りやすくなるので、疲労物質が流れにくくなり腰に痛みが出てしまうのです。ですから、腰痛が出ないようにするには、寝返りをしやすくする必要があるのです。

Sponsored Link


寝返りを増やす方法


寝返りの回数を増やすオススメ方法をご紹介。

◆腰にタオルを巻く

バスタオルを縦に2つ折りして、さらに2つ折りにしたタオルを骨盤の上(お腹)に巻きます。次に仰向けに寝てバスタオルに緩みが出ないように巻き直します。

towel1


巻き直しが終わったら、ガムテープで止めます。これで完成!

テープで止めたら両手は胸の前でクロスし膝を立てた状態で寝返りを左右に打ってみましょう。この時にスムーズに寝返りが打てれば成功です。

※スムーズに寝返りが打てない場合は、バスタオルの厚みを変えてみましょう

お腹にタオルを巻くことによって、骨盤と背中、骨盤と脇腹の隙間がなくなるので寝返りが打ちやすくなるのです。

この方法が一番お手軽なのでオススメです!!!


この他には、
・掛ふとんを軽くする
・1人で寝る

といったことに気をつけると、寝返りがしやすくなります。パートナーやお子さん、ペットなどと一緒に寝ることがありますが、寝ていても必ず存在を意識するので、寝返りの回数は少なくなります。

ただ、別々で寝るとなると、メンタル的に問題が出るかもしれませんね(^^;)寝起きに腰が痛む方は、ぜひタオルを巻く方法を実践してみてください!

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆寝返りが少ないと腰痛の原因になる!
◆1人でゆったりとしたスペースがない人は注意!
◆腰にタオルを巻くと寝返りが打ちやすくなる!

 
今回は以上です☆

Sponsored Link


PREV:体重の増加は腰痛の原因に?じゃあダイエットすれば腰痛も治る?
NEXT:発熱(インフルエンザ)の時に腰痛が出るのはなぜ?治療法はある?