腰痛になったら温めたほうがいい?それとも冷やすべき?

kosi
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); あなたが腰痛になってしまった時。温めて治そうとしますか?それとも冷や...

Sponsored Link



あなたが腰痛になってしまった時。温めて治そうとしますか?それとも冷やして治そうとしますか?ケース・バイ・ケースとも言えますが、一般的には・・・・

ギックリ腰など、痛めたばかりの急性的な腰痛に対しては、冷やすのが良いと言われています。そして、慢性的な症状に対しては温める方が良いと言われています。

でも、異なる意見もあったりします。それは、「冷やす必要はない」という説。

当ブログでは、この説に賛同します。その理由は-

ice



急な腰痛が起きているということは、筋肉や腱、靭帯に炎症が起きています。炎症というのは、腫れたり熱を出したりするわけで、冷やすことが妥当だと思われますが、じつは腫れも発熱も『治すため』なのです。

腰痛を治癒させるために、必要があって腫れたり、熱を出すのです。

もちろんこの時に温めてしまうと、腫れや熱が強くなり、痛みが増すことがあるので温めるのは避けたほうがいいでしょうね。冷やすのは、たしかに感覚が麻痺して痛みや熱感が抑えられますが、冷やしたからといってけっして治るわけではありません。

それどころか、冷やすことによって、治癒を遅らせることにもなりかねません。根本的な問題を先送りしている状態ですね。炎症の症状は、つらいですが、役目が終わればなくなってきます。

もし、我慢できないほどの激痛であれば、冷やすよりも鎮痛剤を服用した方が良いと思います。

Sponsored Link



ちなみに冷シップはメントール作用でヒンヤリしますが、じつは冷却作用はありません。鎮痛効果のある薬用成分が配合されているので、役割としては痛み止めになります。

急性腰痛にはまずアイシング。というのが定説ですが、なぜ冷やすことに異論を唱えるのか?ということを炎症の観点から説明しましたが、冷やす必要がないというのは、自身が体験で理解したことでもあるのです

アイシングは、感覚が麻痺するくらいまで冷やすのですが、その後は、体が冷えるので硬くなる感覚があるので、じつは余計に動きづらくなります。また、凍傷の危険があるので、ずっと冷やしているわけにはいきませんし。

冷やし終わった後に感覚が戻ると、冷やす前よりも痛みを強く感じることもあります。


慢性的な腰痛は、湯船に浸かったり、カイロを当てたりして身体を温めると楽になるので、腰痛に対して「温める」のはアリだと思いますが、基本的に筋肉性の腰痛には「冷やす」という必要性はないように思います。

masa


余談ですが、50歳まで現役を続けた鉄人、元中日ドラゴンズの山本昌投手は、いまや一般化されている肩へのアイシングは一切しなかったと言われています。アイシングしてこなかったことが驚異的な選手寿命につながったかは定かではありません。単純に山本投手が丈夫だった、ということもあるかもしれません。でも、少なからず関連しているような気がします。

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆実感として腰痛対策で温めるのはアリ!
◆でも冷やすのは問題を先送りするだけのような!
◆温↔冷の交代浴ならアリだと思う!

 
今回は以上です☆

Sponsored Link

PREV:腰痛ベルト・コルセットの正しい着け方や正しい位置について
NEXT:腰痛と枕って関係あるの?腰に良い枕について調べてみた!