腰痛ベルト・コルセットの正しい着け方や正しい位置について

kotu
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 腰痛軽減・予防のために腰に巻く腰痛ベルトやコルセット。仕事がら、必要...

Sponsored Link



腰痛軽減・予防のために腰に巻く腰痛ベルトやコルセット。仕事がら、必要不可欠な人も多いのではないでしょうか。一部では、コルセットを着けていると筋肉が落ちる、クセになると言われていますが、それらの説にはまったく根拠がないことがわかっています。

ただし逆に、効果があることも立証されていない(!)のだとか。

・・・ということは腰痛ベルトやコルセットには安心感をもたらす、プラシーボ効果が働いているのだけなのかもしれませんね。でも、装着することで痛みが取れるのであれば、それはそれでOKだと私は思っていますが^^

安全ならば、使えるものは何でも使う!という腰痛を乗り切るスタンスを推奨しています。そこで今回は、腰痛ベルト・コルセットの正しい着け方をご紹介します。

腰痛ベルト・コルセットの効果的な着け方


yotu


間違った着け方で多いのが、

「骨盤を締めていない」

ことです。ベルトは骨盤を締めてこそ効果を発揮します。ところが骨盤の上のウエストでギュッと締めてしまっているのです。ウエスト部分で締めていると、あまり腰痛には効きません。

装着しても痛みがラクにならない、と言う人は意外とこのパターンが多いかもしれません。(内臓などに原因がある場合はベルトやコルセットは効きませんが)

ちなみにウエイトリフティングの選手のベルトは、腰痛防止よりも腹部を締めて力を入りやすくするためなので、骨盤の上を締めています。なので、微妙に用途が変わります。

img src="http://kanarikinic.com/wp-content/uploads/2016/02/belting-e1455395967205.jpg" alt="belting" width="400" height="400" class="alignnone size-full wp-image-2846" />



一般の人のベルト・コルセットの位置は骨盤の上ではなく、骨盤を締めるように巻くようにしましょう。具体的には上前腸骨棘の下を締めるようにすることです。上前腸骨棘は体の表面から触ってわかる部分でもあります。

これが理想的な使い方です。

belt1


あまり幅があるコルセットだと動きをかなり制限してしまうので、使い勝手が悪いかもしれません。オススメなのはあまり幅がないものです。





このように幅が狭いものの方が動きを邪魔せずに、それでいて骨盤はしっかりと締まります。今はこのようなゴム製品ではなくメッシュ素材も探すとあるようですね。

腰痛ベルトやコルセットを効果的に装着するには、上前腸骨棘の下を締めるようにしましょう!

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆コルセットには科学的根拠がない!
◆でも腰痛持ちは安心する!
◆巻く場所は骨盤!
◆あまり幅がないほうが良い!

 
今回は以上です☆

Sponsored Link

PREV:【腰痛対策】低反発マットレスと高反発マットレスってどっちが良いの?
NEXT:腰痛になったら温めたほうがいい?それとも冷やすべき?