【腰痛対策】低反発マットレスと高反発マットレスってどっちが良いの?

matt
  腰痛で悩んでいる人間にとって睡眠環境を改善することはとっても大切です。その中でも気にするのがマットレス問題。低反発素材がいいのか、それとも...

 
腰痛で悩んでいる人間にとって睡眠環境を改善することはとっても大切です。その中でも気にするのがマットレス問題。低反発素材がいいのか、それとも高反発素材がいいのか?ちまたではどちらも売っていて良いことが書かれているので迷ってしまいますよね。

果たしてどちらが良いのか?

今回は高・低反発の良し悪しについて私の経験や調査からわかったことをご紹介!

低反発マットレスの特徴


teihan


低反発のマットレスはどちらかと言うと現在は主流ではなくなっています。しかし、一方で根強い人気もあります。その理由は、その人の形に沈んで包み込んでくれるのでどんな寝相でも硬さを感じることなく快適に眠れるから、というもの。

たしかに、硬いマットレスだとずっと横向き寝では下になった肩が痛くなりますよね。そういった理由でまだまだ人気でもあります。

ところが、低反発では寝づらいという人も。

それは、寝返りが打ちづらいからです。腰痛を抱えている人は、寝返りが打てずに同じ体勢で寝ていると筋肉が固まってしまい痛みが出てしまうケースが非常に多いです。

寝起きの腰が痛い理由のほとんどがコレではないでしょうか。

さらに、低反発は使っているとヘタリがかなり気になります。ヘタリが目立つと密着性が高くなるので蒸れを強く感じます。

高反発マットレスの特徴


air


最近の主流になりつつある高反発マットレスです。大手メーカーもこぞって高反発タイプを出していますね。高反発マットレスの良さは低反発の逆で寝返りが打ちやすいところが腰痛持ちにはありがたいです。

モノにもよりますが、ヘタリも低反発に比べて少なく感じるのでムレも少なくなります。ただし、あまりに反発力が強いものは仰向け寝の時に反り腰になってしまったり横向き寝で肩が痛くなるので反発力が強ければ良いというものでもありません。

結局どっちがイイのか?



経験から言いますと、やはり現在主流になっている高反発のほうが腰痛持ちには良い結果をもたらしてくれると思います。

しかし最終的には高低の違いはあれど、その人が熟睡できるかどうかで判断すべきです。中には、低反発のほうが腰痛がラク!という人もいるかもしれません。だから一通り試すのが得策です。

高反発マットレスは高い!


osatu


いろいろと試したいのですが、マットレスはけっこう高いですからおいそれと変えるのは厳しいです(苦笑)低反発マットレスはだんだん価格が安くなってきていますが、高反発ははっきり言って高い!

そこでお値打ちなマットレスはないかと調べてみると、モットンというマットレスがなんと、お試しできるんです。買ってから90日間使ってみて気に入らなかったら返品できるということです。

motton


これなら買って損した!ということにならないので安心感はありますね。ちなみにその返品したマットレスはどうするのかというと、どうやら破棄してしまうようです。。。

なんかもったいない気もしますが、でもそれくらい自信があるということでしょう。このモットンは要チェックな高反発マットレスではないでしょうか。


続いてはハイブリットなマットレスを発見。最近では高低反発素材を2層にして使っているマットレスも出ているんですね!

雲のやすらぎ【腰痛対策】低反発マットレスと高反発マットレスってどっちが良いの?


「雲のやすらぎ」というマットレスで、5層構造厚さはなんと17cm!分厚すぎて沈み込んだりしないのか?と思いますが、この厚さがあるから体の圧をうまく分散させるそうです。

ただし、添い寝などで狭いスペースしかなければ、せっかく高反発マットレスでも寝返りが打てないのでは意味がありませんので、ゆったりと眠れる環境作りは大前提です。


熟睡できることは腰痛改善に必須条件なので睡眠環境を整えるのは大切ですが、あまりこだわりすぎてもお金は飛んでいくし、このマットレスじゃないと眠れない!となってしまったら旅行先で困ってしまうので許容範囲を広げるためにも入眠前のストレッチなどで体を整えてから眠りにつくように心がけましょう。

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆高反発マットレスが腰痛に良いと感じる!
◆低反発は沈むからあまり良くないと思う!
◆寝具も大事だけど身体そのものを整えたい!

 
今回は以上です☆

PREV:腰痛持ちはベッドがイイ?それとも布団の方がイイ?
NEXT:腰痛ベルト・コルセットの正しい着け方や正しい位置について