ためしてガッテンで足のむくみや疲れ、足がつる原因や予防法を紹介!

asi
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回のためしてガッテンは足のトラブルに関することでした。足のむくみや...

Sponsored Link



今回のためしてガッテンは足のトラブルに関することでした。足のむくみや夜中につる人なんかは覚えておいた方が良いことをやってましたよ!

立ちっぱなしの寿司職人さんたちに大人気なアイテムも紹介されてました。改善法や予防策をまとめてみました☆

20人中12人に異常な音が・・・


Jpeg

 

番組では足の疲れ、むくみ、だるさを感じる人20人をモニターにして脚のエコー検査を実施しました。すると明らかな異音が。血流の音なのですが、正常な音よりも長い音がするんですね。(文字では表現できない!)

で、異常音がする人というのは、静脈血管の中の弁が壊れているのです!!弁が壊れているというは、もう伸びきってビロビロ状態なんです。

弁の機能が壊れていると、足の末端方向から昇っていった血液が心臓方向に戻って行きにくくなってしまいます。それが原因でむくみや疲れが出るのです。


Jpeg

(実際の弁はコラーゲンのようにプルプルしてました)


そんな状態がひどくなったものが「静脈瘤」「皮膚炎」です。

ちなみに一度壊れてしまった弁は元に戻らないそうです。。。

 

jyo

 

だから今からでも弁を壊さないようにするために、予防をしなくてはいけません。

 

下肢静脈の弁を壊さないようにするための予防策とは?

 

番組では「買ってください」と言ってました。予防のためのそのアイテムとは・・・

『ストッキング』

でした!


st

 

うーん、ストッキングって・・・わりとポピュラーでしたねw そもそも弁が壊れてしまう原因とは。立ちっぱなしなどで足元に血液が溜まってきます。 そうなると細い静脈は太くなってしまいます。太くなると弁が閉じられなくなり、逆流が起こるので反対方向からの血流に弁は傷めつけられてビロビロになってしまうのです。

そこで、弾性ストッキングで圧をかけてあげると、血管が細くなって逆流が起きなくなり弁が復活するわけです。(期間が長い場合は復活は難しいみたいです)

で、そのストッキングはどんなものを選べば良いのでしょうか?

Sponsored Link



色んな種類がある弾性ストッキング



ストッキングと言ってもたくさんの種類があります。

一番強い圧がかかるのが病院で売っているようなストッキングです。認可が必要な医療用機器に該当するものです。見分け方としては「血流促進」「段階着圧設計」と言うような文言が入っているのが特徴です。(これは認可が下りてないと使っていけないワードだそうです)

病院で売っていないものでも、このようなワードが入っていれば、医療用と同じような効果が期待できると言われています。以下のような商品ですね。





女性用だけでなく男性用もありますね。

ただ、弾性ストッキングには大変なところがあります。それは履いたり脱いだりすること。履いたことがある方ならわかると思いますが、かなりキツイのでコツを掴まないとすごく苦労します。

この動画ではコツを紹介しています。



前回のシミ特集もそうでしたが、番組で紹介された対策法や予防策は今までにも言われてきたことがほとんどだったので、またもや肩すかし気味でした。もうネタ切れなのでしょうか??まあ今回は血流障害のしくみを知れたから良しとしますか^^;

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆足のつかれやむくみは血流障害が原因!
◆血流障害が起こるのは静脈中の弁が壊れているから!
◆弁は一度壊れると元に戻らない!
◆予防には弾性(着圧)ストッキング!
◆医療用が一番効果アリ!


今回は以上です☆

■■ためしてガッテンの関連記事■■
>>鼻づまり解消方法を紹介!効果のほどは?

>> 顔のシミの原因と対策法!赤いシミはヤバい!?

>> 超カンタン冷え性改善法!

>>ノロウイルスの新対策&予防法について!

>>下痢の新原因を解明!

Sponsored Link



PREV:ためしてガッテンで顔のシミ対策!赤いシミと茶色いシミの違いとは?
NEXT:腹筋と背筋を鍛えて筋肉をつければ腰痛は治るのか?