ためしてガッテンで顔のシミ対策!赤いシミと茶色いシミの違いとは?

shimi
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1月20日のためしてガッテンでは「シミ」。シミと言っても一番目立つ「...

Sponsored Link



1月20日のためしてガッテンでは「シミ」。シミと言っても一番目立つ「顔のシミ」です。シミは女性の大敵ですが、男性でも気になります。顔にあるだけで老けて見られますからね・・・。

かくいう私もけっこうシミができてきました(涙)冬のうちに対策を練っておけばシミが消える!?そんな予告だったので今週を待ちわびていました。

いったいどんな方法でシミが消えたり薄くできたりするのか?ワタシなりにまとめてみました☆ ファンデーションとかコンシーラーの塗り方で消すとかやめてよ~と思いつつ見ておりましたが、どうだったのでしょう。

赤いシミはけっこうヤバい


番組でまず取り上げられていたのが「赤いシミ」。結論から言いますと、赤いシミは日焼けによる皮膚がんのタネ(日光角化症)だったんです。

ではなぜシミが赤くなるのか?

それは、ガンのタネが表皮にできると、その部分に血管に乗って免疫細胞が集まってきてガン細胞を倒そうと働きます。それと同時に血管が膨らんで炎症を起こしているので外見が赤く見えるのです。

Jpeg


言い方を変えると、赤いシミはガンのタネの居場所を知らせてくれるサインでもあるのです。

赤いシミを消す薬


赤いシミは前がん症状ですから、早めの治療が必要です。でも今はこの赤いシミを治す薬が出ています。その名前は「イミキモドクリーム」。塗ることで皮膚の中の免疫細胞を活性化させる効果がある薬です。

Jpeg


これを塗ると、はじめのうちは悪化した?と思えるほど赤みが広がり、皮膚がグジュグジュにただれたようになります。しかし、1ヶ月ほど塗り続けていくと、次第に綺麗な肌に再生してきます。

Jpeg


はじめに赤みが広がるのは、まだ表面化してないがんのタネにも反応するからです。赤い部分が小さくても実はけっこうな範囲でガンのタネが潜伏しているのがほとんどだそうです。イミキモドクリームは、その隠れているがんのタネをあぶり出す効果があるのです。

ちなみに、茶色くなっているシミがガンになる可能性は低いみたいです。普通は茶色いシミが多いですからちょっと安心です。(イヤですけどね)

冬場に気をつけたいシミ対策


茶色いシミができてしまうのは紫外線によるものだというのは知られていますが、その紫外線にはUV-AUV-Bの2波があります。A波B波と言われているものですね。

特徴として、A波は表皮より深い真皮まで届きますが、日焼けを起こしません。
B波は表皮までと浅いところまでしか届きませんが、肌を赤くしたり黒くしたりと日焼けを起こします。

で、冬場に気をつけたいのがA波。B波というのは、冬は夏に比べて1/5に減るのですが、A波はおよそ1/2しか減りません。だから冬は表面的には日焼けしにくいのですが、A波による影響をわりと大きく受けるのです。

A波は皮膚の日焼けを起こしませんが、真皮の中で活性酸素を発生させるのです。活性酸素は、傷ついた皮膚細胞を修復するシステムのジャマをするので、ガンのタネやシミを減らすことができなくなってしまうのです。

B波は表面的に目立つのでわかりやすいのですが、根本的にはA波の方が怖いということです。だから冬でも紫外線対策をしっかり行う必要があるということですね。

日焼け止めクリームに明記している「PA」の値を確認しましょう。

Sponsored Link



顔に茶色いシミを作る原因


日焼けによる原因というのは当然ですが、それ以外の原因として取り上げられたのは、ふだんのクセによる顔への物理的刺激がシミの原因になるのだそうです!!

洗顔やり方やメイク、髪の毛の刺激でシミができたり濃くなったりするのだとか!髪の毛が頬にあたる刺激でシミができる・・・そんなこともありえるようです。

ゴシゴシと強い洗顔、厚塗りファンデーション、顔のライン隠しで髪が顔に触れるような髪型はNGなんです。たしかに無意識に触っていたり、こすったりしているのかもしれませんね。。。

茶色いシミを改善する方法


結局のところ、何らかの形でシミができている部分には刺激が加わっているということです。ワタシは頬骨の一番出っ張っているところにでき始めていますが、やっぱり一番刺激が加わっているところと言われればそうなんですよね。。。。

しかし、現在は洗顔という洗顔はしていないし、そんなに刺激していないんですけどどんどん増えている感じです。(きっとこれは過去の刺激の蓄積なんでしょうね・・・涙)

寝ている時も横向きやうつ伏せで寝ていたら、擦れそうだからやめた方が良いのかも?なんて思いましたが、寝相なんてコントロール出来ませんから、番組で紹介されたのは、対策としては男性にとってはイマイチかなあと。

でも女性だったら拭きとるタイプのメイク落としを辞めたり、メイク道具(パフからブラシに変更)や圧の掛け方を気をつければかなりシミが改善に向かうようですから、普段の顔への刺激を一度確認してみると良いと思います!!

番組モニターの方は、習慣を変えてから2週間で、肌の炎症がかなり収まってシミの濃さや肌の赤みの数値が減ってましたよ^^

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆赤いシミはガンのタネを知らせるサイン!
◆赤いシミを治す薬は
◆茶色いシミができる原因は摩擦などの刺激だった!
◆ふだんのクセを治すことでシミが薄くなるようだ!
◆個人的には今回はちょっと肩透かし!

 
今回は以上です☆

■■ためしてガッテンの関連記事■■

>> 超カンタン冷え性改善法!

>>ノロウイルスの新対策&予防法について!

>>白内障の予防方法について!

>>危険なむくみの見分け方!

>>肩こりの新治療法!筋膜のシワ伸ばしとは?

Sponsored Link


PREV:森山ナポリの冷凍ピザをお取り寄せで実食!味やサイズ感について
NEXT:ためしてガッテンで足のむくみや疲れ、足がつる原因や予防法を紹介!