ためしてガッテンで長生きホルモンを増やす方法!壁ネクチン体操とは?

nagaiki
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回のためしてガッテンでは、「長生きホルモン・長寿ホルモン」を取り上...

Sponsored Link



今回のためしてガッテンでは、「長生きホルモン・長寿ホルモン」を取り上げていました。アディポネクチンというホルモンですね。このホルモンは単に長生きさせるだけでなく、糖尿病や動脈硬化の改善に一役買ってくれるそうな。

そして、長生きホルモンはある方法で増やすことができるというのです。どんな方法で長生きホルモンを増やすことができるのでしょうか?ワタシなりにまとめてみました☆

長生きホルモンが多い人

増やす方法を知るには、まずどんな人が長生きホルモンが多いのか調査をしていました。

すると判明したのが・・・

・女性のほうが多い

これは平均寿命が女性のほうが高いことからもわかりますよね。男性ホルモンが長生きホルモンの分泌を抑制するのでは?という説があるそうです。

・喫煙者は少ない

これは言わずもがなですねー。

・内臓脂肪が多い

内臓脂肪が多いとホルモンが減ります。「多い」と言いますが、じつは内臓脂肪って数が決まっていて、細胞数の増減というのはないんです!太っている人は脂肪の一つ一つが膨らんでいるということなんです。

長生きホルモン(アディポネクチン)は内臓脂肪から分泌されるのですが、細胞が膨らんで大きくなっていると、毛細血管を圧迫するので酸素不足になってアディポネクチンの分泌が妨げられてしまうということです。

内臓脂肪が膨らむと、自らの首を締める形になってしまうわけです。

ということで

・女性
・非喫煙者
・内臓脂肪が少ない(膨らんでいない)


これらに該当する人は長生きホルモンが分泌されやすいというわけですね。(※ただし、長生きホルモンの量だけで寿命が決まるわけではありません。)

Sponsored Link



長生きホルモンを増やす『壁ネクチン体操』

長生きホルモンを増やすには、膨らんだ内臓脂肪を元に戻す必要があるわけです。内臓脂肪を燃焼させないといけないんですが、運動
誰でもカンタンにできるものを、ということで専門家の先生が考案したのが「壁ネクチン体操」。やり方は以下のとおりカンタンです。

①カカト・お尻・背中・手・後頭部を壁につけたまま立つ(3分間)

Jpeg

この姿勢を取ることによってお尻からお腹にかけて刺激が入るため、下腹部付近の血流が良くなるという目的があります。

②壁から半歩くらい離れて右手で左側の壁、左手で右側の壁を声を出しながらタッチする(30回)

Jpeg

この運動の狙いは脇腹を効率的に動かして内臓脂肪の燃焼を促進させます。数を数えながらやると良いみたいです。

③壁にくっつき手を上下に動かす(3回)

Jpeg

この運動によって肩甲骨付近にある褐色脂肪細胞が活性化されて内臓脂肪が燃焼へと促されます。この運動も声を出しながら行ったほうがいいみたいです。

④笑いながら深呼吸(3回)

これはあまり詳しく解説されませんでしたが、大きく息を吸った後に笑いながら息を吐いていました。声を出す、笑うということはお腹の内臓脂肪に刺激が入るから良いみたいですね。

朝夕2回 3週間は続けるのが理想のようです。

モニターの結果、

現在、研究が進んでアディポロンという長生きホルモンと同等の物質が鋭意開発中だそうですが、まだ世に出るのは先のようです。それまでにホルモンは自前で作らないといけないわけです。

でも、この体操なら手軽にできそうですね。ということで、実際に私もやってみましたが、意外とシンドいですよ^^; 地味に疲れるというか・・(運動不足&笑い不足です)

結局のところ、内臓脂肪を正常な大きさにしておくことが大切だということです。内臓脂肪が膨らんで太ってはもちろんダメですけど、逆にあまり痩せていると内臓脂肪が縮んでしまって、それもアディポネクチンの分泌が少なくなるのでしょうか?

その辺りの解説はなかったのでよくわかりませんが、最近ではちょいポチャくらいの体型の人が一番健康で長生きする、なんて言われていますから、あまりスリムを目指すのは良くないかもしれません。

また、今では自分で身体を動かすのが大変な方のために、サプリメントが開発されて販売もしているようです。製造元のサイトで買うのが一番お得なようですよ。

>>アディポネクチンのサプリはコチラ!

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆内臓脂肪が長生きホルモンの分泌に大いに関わっている!
◆内臓脂肪の数は増えたり減ったりしない!
◆太っている人は内臓脂肪が膨らんでいるだけ!
◆長生きホルモンを増やすには内臓脂肪を正常化させること!
◆壁ネクチン体操が有効!


今回は以上です☆

■■ためしてガッテンの関連記事■■
>>カンタンにできる動脈硬化のチェック法とは?

>>頭痛は予防できる!?新しい治療方法を紹介!

>>スタミナ源のミトコンドリアを増やす方法とは?

>>白内障の予防方法について!

>>ビタミンCの効率的な摂取方法とは?

>>糖尿病には腸のスイッチを!

PREV:満腹になると腰痛が出ることはあるのか?原因について考えてみた!
NEXT:腰痛に水泳や水中ウォーキングをオススメしない理由について