座りっぱなしで腰が痛くなる場合の原因や対策について!

swarippa
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); デスクワークや車の運転で、ずっと座りっぱなしの状態が続く-。 腰痛持...

Sponsored Link



デスクワークや車の運転で、ずっと座りっぱなしの状態が続く-。

腰痛持ちにとっては、かなり厳しい姿勢だったりします。すぐに動いてストレッチなどできればいいのですが、仕事などでそうもいかない事のほうが多く、立とうとする時に痛みが強く出て、しばらく腰が伸びなくなってしまい、一歩踏み出すのも一苦労なんてことが・・・。

では、なぜ座りっぱなしでいると、腰が痛くなってしまうのでしょうか?

姿勢が悪いから?たしかに姿勢の悪さは原因なのですが、何をもって姿勢が悪いと言えるのか?ということについて、ワタシなりの意見を書きつづってみました☆

痛みの元は「姿勢筋」から!


人間は、重力がある地球で、ある一定の姿勢を保つ時に、必ず使われる筋肉があります。それを「姿勢筋」と言います。

または重力に負けないように使う筋肉ということで「抗重力筋」とも言われています。では姿勢筋というのはどの部分のことを言うのでしょうか?

それは、

「背筋・腹筋・殿筋・大腿筋」

のことです。


座っていると痛くなる原因について先ほども書きましたが、

「姿勢の悪さ」

これがもっとも痛みを引き起こす原因として挙げられます。


では悪い姿勢ってどんな姿勢なんでしょう。

nokose1


このように猫背になった姿勢が悪い姿勢と言われていますね。この姿勢だと、見た目もあまり良い印象を受けませんし身体的にもやはり良くありません。

なぜ良くないのかと言うと、骨盤が後傾しているために姿勢筋の負担が大きくなるからです。


短時間なら問題ありませんが、ずっとこの猫背姿勢でいると、姿勢筋が無駄に使われているので疲労を起こします。疲労してくると腰から痛みという信号を出して知らせてくるのです。


では、骨盤が後傾しているとなぜ姿勢筋に大きな負担がかかるのでしょうか?

どんな姿勢であれ、姿勢筋と呼ばれているくらいですから、活動している間は少なからず負担がかかっています。(寝た時だけ唯一、仕事から解放されます)

言い方を変えると姿勢筋に負担をかけないと座っていられないわけですが、それでも長い時間座っていられるように人の体は作られています。

骨盤のある部分を使うことで、姿勢筋を無駄に使って腰痛を発生させることなく長時間座っていられるようになります。


ある部分というのは、、、、

「坐骨」

です。

この坐骨をしっかりと使う、使うというよりも坐骨でしっかりと体重を支えることで、姿勢筋の負担を大きく減らすことができるのです。

坐骨というのは、骨盤の一番下の部分に左右対象にあります。体育座り(三角座り)をするとゴリゴリと当たる部分ですね。

下図の青丸の部分です。

zakotu1


この坐骨が座面に当たるように座ることができると、姿勢筋をあまり使わずに座った姿勢を保つことができるというわけです。裏を返せば坐骨で支えていないと、姿勢筋がフル稼働するので疲れて痛みが出てしまうのです。

だから骨盤が後傾しているのは悪い姿勢ということです。

骨盤が後傾していると、この坐骨が座面に当たっていないのがわかると思いますので違いを確認してみてください。坐骨で支えるようにすることで、身体の重みを姿勢筋と坐骨に分散させるイメージです。

Sponsored Link



さらに分散できる


坐骨に体重を支えてもらうだけでもかなり姿勢筋は楽になりますが、さらに分散させる方法があります。それは、です。

要は、足の裏にも若干体重がかかるようにするイメージです。もしくは足の裏が床に触れているな、と意識するだけでもOKです。そうすると、坐骨の2点+足の裏2点の計4点に体重が分散されるので、さらに姿勢筋の仕事量は減ります。

ただし車の運転など、足の裏に分散できる場面ばかりではないのがちょっと難点です。

あまり意味がわからない場合は


今まで坐骨の説明をしてきましたが、説明がいまいちでピンと来ない方は、ぜひグッズを使ってみてください。現在、悪い姿勢にならないようにするために、いろいろなグッズが出ています。

坐骨で支える=骨盤を後傾させない、骨盤を立てやすくするためのサポートグッズですね。






もし買うのがもったいなければ、座布団やクッションなどをお尻の後ろ側だけに当てると、骨盤が立ちやすくなります。坐骨が当たる感覚がわからない人や自力で骨盤を立てるのが難しい人は、グッズを活用してみてください!

あまり気にしすぎるのも・・・


正しい座り姿勢を! といって胸を張って、背筋をピンと伸ばして膝の角度は直角に!なんてやっていると力が入ってしまってよけいに姿勢筋が疲れますし、そんな姿勢は長く持ちません^^;

・坐骨が座面にあたっている
・足の裏が床面にあたっている


この2つの感覚がぼんやりとわかるくらいで十分に姿勢筋の負担は減っていますので上半身に力を入れる必要はまったくありません。

この姿勢を基本姿勢として、たまには骨盤が後傾して猫背になっていたって、長時間でなければ良いと思います。いくら腰に良い姿勢と言っても、疲れますからね。

ぜひ参考にしてみてください!

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆座りっぱなしで腰痛になるのは姿勢筋の使いすぎ!
◆猫背=骨盤後傾は姿勢筋に負担が掛かりすぎる!
◆坐骨と足をうまく使って座るようにしよう!
◆難しければサポートグッズを使おう!

 
今回は以上です☆

Sponsored Link


PREV:立ちっぱなしだと腰痛になる場合の原因や対策について
NEXT:「ウワサの食卓」1週間楽ちんダイエットでチアシード!その結果は?