立ちっぱなしだと腰痛になる場合の原因や対策について

kakashi
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 立っているとジワリと痛くなる腰。仕事や行事の時にかなり辛いですよね。...

Sponsored Link



立っているとジワリと痛くなる腰。仕事や行事の時にかなり辛いですよね。痛くなり始めると、もうじっとしていられなくなります。

なぜ立っていると腰が痛くなるのか?原因を知って、予防対策をしましょう!

立ちっぱなしで腰痛になる理由


ずっと立っていると、腰に痛みがくる原因のひとつは、

「重心位置のズレ」

です。


立っている時に最も圧力がかかっている部分といえば、足の裏になります。この足の裏で体を支えているわけですが、支えている所が悪いと無駄に筋力を使うので、腰に痛みが出てしまうのです。

では、正しい重心の位置というのはどこになるのでしょうか?

立っている時の正しい重心位置というのは、脛骨中央~距骨中央のラインあたりにあると言われています。ピンポイントでここ!という場所は人ないと思います。なぜなら足の形状や体型には個人差があるので微妙に変わってくるからです。

でもだいたい赤丸の辺りです。

asinoura


骨で言うと、距骨-脛骨の赤ラインです。

akarain


ここに体重が乗るように立っていると骨で体重を支えることができるので、比較的筋肉が疲れません。

重心がズレている人のほとんどは、小指側にズレています。小指側にズレていると、わざわざ細い腓骨で体重を支えるので、どうしても脚の筋肉を使ってしまいます。

そして脚の筋肉が疲れて緊張してくると、殿部や腰周辺の筋肉も緊張してきて痛みが出るのです。


小指側に重心がズレている人の特徴は、靴の踵の外側が極端にすり減っているのですぐにわかります。

緩やかに左右均等に外側が減るのは全く問題ないのですが、片方だけすり減りがひどいだとか、両足ともにすぐに減ってしまうという人は、重心がズレているので腰痛持ちが多いはずです。

と、エラそうに言っているワタシはかつて右足の外側だけめっちゃすり減ってましたw 捻挫ぐせがあったのも影響していたのでしょうね。

でもここ数年でトレーニングや意識するようになってからはすり減り具合がグンと減ってきてます^^

Sponsored Link



どうしたら正しい重心位置に戻れるのか?


いったんクセがついてしまうと、外側重心を直すのはなかなか難しいですが、根本的な腰痛の原因のひとつなので粘り強く直すように心がけるべきです。

今回紹介するのは、エクササイズのようなものではなく「意識」するだけです。

赤丸、赤ラインのところに重心がくるように意識することです。

asinouraakarain

この場所に重心がくるように- と立ってもらうとわかるかもしれませんが、膝の関節が伸展している(「気をつけ」の姿勢)と、重心が赤丸のところに行きづらいです。

また、つま先が内側に向いていても行きづらいです。この立ち方だと絶対に正しい重心位置にはたどり着きません。

utimata



なので正しい重心位置にするためには、

・膝の関節は緩んでいる
・つま先は内側を向かない


というところに気をつける必要があります。

膝の関節を緩めると、少し不安定になりますが、だんだん慣れてくるのでぜひトライしてみてください!この感覚を掴むとだんだんと靴のアンバランスなすり減りもなくなってきますよ☆

今回は「意識」だけについて書きましたが、トレーニングもあったりします。またアイテムを使うのもいいですよね。以前の記事にも書いた浮き指を治す草履、「足半(あしなか)」も効果があるはずです。

関連記事:
>>浮き指が原因で腰痛や膝痛に!下半身太りも?治療や改善法について!

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆立ちっぱなしが辛い人は重心がずれている!
◆外側にずれている!
◆靴のすり減り具合をチェックしよう!
◆膝関節を固めない!つま先を内側に向けない!

 
今回は以上です☆

Sponsored Link

PREV:腰痛持ちで鼠径部(脚の付け根)が痛む人の特徴や原因について
NEXT:座りっぱなしで腰が痛くなる場合の原因や対策について!