「ためしてガッテン」頭痛を起こさせない治療法!頭痛体操とは?

headache
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 10月14日のためしてガッテンで取り上げられたのは「頭痛」です。過去4回...

Sponsored Link



10月14日のためしてガッテンで取り上げられたのは「頭痛」です。過去4回も特集されているのにまたやるということは期待大!

ワタシは天気が崩れる前に出る頭痛に悩まされていますが・・・。番組では片頭痛を起こさない体質にする方法や、新しい治療法を紹介していました。

頭痛体操や鍼、頭痛ダイアリーとはいったいどんな方法だったのでしょうか?ワタシなりにまとめてみました☆


片頭痛が出る前に


片頭痛は、何らかの原因で血管が拡張して神経が圧迫されるという刺激を、視床が感知して痛みの信号を出すことで起こるのです。

sisyo1


頭痛薬は、刺激が視床に届く前にカットします。それにより痛みが出ないようにします。しかし、長年頭痛に悩まされている人は、痛くなってから頭痛薬を飲むために、少なくとも痛みが出た初期には視床に刺激が届いているわけです。

視床に刺激が長年加わっていると、視床はダメージから回復できない状態になってしまいます。こうなると薬が効かなくなるわけです。

イメージ的には一度凹んだら元に戻らない粘土のような感じでしょうか。薬が効かなくなる理由ってこういうことだったんですね。。。


元の正常な視床に戻らないと、帽子かぶると頭が痛い、髪の毛が動くとヒリヒリ痛みが出るなど、少しの刺激に対しても痛みが出るという「アロディニア」という症状へと進行してしまうことがあります。

ブラッシングやメガネをかけることすら痛みが出たりするんです。これは辛い・・・。


しかし!今は治療薬で治るんです!!

・・・・? 薬が効かないって言ってるのに?と思ったのですが、この治療薬は従来の頭痛薬ではなく、予防薬なのです。従来の頭痛薬は痛みが出てから飲むわけですが、予防薬は痛かろうが痛くなかろうが、毎日定期的に飲み続けるのです。

そうすることで、ダメージを受け続けていた視床が元の正常な状態に戻るわけです。今までは痛みに対処していたのですが、予防薬は視床が傷まないようにするために服用するのです。

どんな薬かと言うとコチラのサイトに掲載されています。(さすがNHKですから薬の名前は出しませんでしたねw)4種類あるみたいですが、それぞれ血管の拡張・神経の興奮を抑える狙いがあります。

>>スッきりんのバイバイ頭痛講座


市販されていない薬のようで、専門の医療機関で診察が必要です。受診する科は頭痛専門外来、脳神経外科、神経外科などです。しかし、以下の症状に該当しないと処方されないかもしれません。

・痛みが月に2回以上
・日常生活に支障がある
・アロディニアがある


それ以外の人は、処方されないかも?欲しかったら受診したドクターに聞いてみるしかないでしょう。


ちなみに予防薬は症状が出なくなれば、徐々に飲む頻度を下げていけば良いそうです。が少なくとも2ヶ月は飲み続けなければいけないみたいです。実際は1年間位は飲み続けるケースが理想?みたいです。


う~ん、1年ってけっこう長いですね・・・。個人的には予防薬とは言え、薬なのであまり飲み続けるのも副作用が怖い気もしますが。


と、私のように薬はちょっと・・・という方には、薬を使わない「頭痛体操」なるものがあるということで紹介されていました。

Sponsored Link



頭痛体操のやり方


この頭痛体操はとってもカンタン。詳しいメカニズムはわかっていないようですが、頭痛の予防になるようです。やってみると首から肩がほぐれます。

注意点としては「頭痛がある時には行わないこと」。余計に痛くなるおそれもあるのでこれだけは守りましょう。

やり方2つ。は、立った状態で行います。、

頭痛体操その1

①腕を上げる
②足を少し開く
③顔は正面のまま
④体を回す


頭痛体操その2

①腕をリュックを背負うように前に回す
②服を脱ぐように腕を後ろに回す

この動きを2分行います。




新しい頭痛予防治療


頭痛体操の他にも薬を使わずに頭痛を予防する方法を紹介されていました。

ハリ治療


こめかみや顎、首筋に鍼を打つことで神経を刺激して、痛みに反応しやすい脳の状態を正常に戻す効果があることが検証されているようです。

難治性の頭痛に対しても効果があるみたいです。見た目が怖いんですけど、かなり細い鍼を使うので刺しても痛みを感じないみたいです。でもワタシが受けるとしたら怖いからずっと目を瞑ってると思いますw


頭痛ダイアリー


毎日、日記に頭痛について書き綴ります。

・頭痛が出た日時
・痛みの強さや痛みの種類
・何をした後か(行動や食事など)


頭痛の原因や引き金となる誘因は人それぞれです。光や音、ニオイなどでも頭痛が引き起こされると言います。このようなことを毎日チェックしていると、自分にとっての誘因がわかってくるというわけです。

頭痛専門のダイアリーを作っているサイトがあるので紹介しておきますね。ここから頭痛ダイアリーをダウンロードできます。

>>日本頭痛学会のサイト

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆頭痛は視床のダメージ蓄積で薬が効かなくなる!
◆予防薬で長年の頭痛も消えるようだ!
◆頭痛体操・鍼・頭痛ダイアリーも有効!
◆痛みを出させないことが大事!

 
今回は以上です☆

■■ためしてガッテンの関連記事■■
>> 超カンタン冷え性改善法!

>>カンタンにできる動脈硬化のチェック法とは?

>>長生きホルモンを増やす壁ネクチン体操とは?

>>肩こりの新治療法!筋膜のシワ伸ばしとは?

>>足首捻挫の治療と予防にはコラーゲン?

>>危険なむくみの見分け方!

>>すい臓がんの早期発見には血糖値が関係する?

>>足指力が重要!?足裏にできる骨棘の原因とは?

Sponsored Link


PREV:ドラマ「無痛」が面白い!犯因症(はんいんしょう)って何?
NEXT:あぐらをかいていると腰が痛くなる原因とは?予防法について!