金スマ・骨ストレッチのやり方は?肩こり腰痛に!ウエストがくびれる?

honesuto1
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今週の金スマ(2015年9月11日)は『骨ストレッチ』ストレッチというと筋...

Sponsored Link



今週の金スマ(2015年9月11日)は『骨ストレッチ』ストレッチというと筋肉ですが、骨のストレッチ・・・。これにより肩こりや腰痛も改善されるらしいんです。

それだけでなく、ウエストのくびれをも作り出すらしい!!どんなやり方なのか?ちょっとまとめてみました☆

スポーツケア整体研究所の松村卓先生


骨ストレッチという名称ですが、正式名称は「芯動骨整体」と言います。この骨ストレッチを提唱しているのは、スポーツケア整体研究所 代表の松村卓先生。

matumura

松村先生は元々は陸上競技の短距離選手で、100mを10秒2台で走るほどの国内でもトップクラスでした。が、体格に恵まれなかったため筋トレを一生懸命やり過ぎたため、怪我が多く、30歳で引退。

その後トレーナーに転身しました。松村先生は、過度な筋トレやストレッチはかえって体を痛めるということを身をもって体感していたので、

筋肉に頼らないで速く走る方法を模索中に古武道で高名な甲田光雄氏の教えをヒントにこの骨ストレッチを独自に開発したということです。


この骨ストレッチというのは、骨を効果的に動かすことで、筋肉や関節に余分な負担をかけさせないようにさせる方法です。といってもいまいちピンとこないのでやり方を見てみましょう。

骨ストレッチ~肩こり解消編


肩こりを解消するのは「手首肩甲骨ストレッチ」です。やり方は

①右肘を直角90度に曲げる
②顔の横で右手の親指と小指を付けて左手で右手の手首の骨をつかむ
③顔は正面のまま肩甲骨を意識して右後方に7回ひねる
④左も同様におこなう


Jpeg
Jpeg

※注意点
肘が90度より下がらないように
笑顔で
痛みがあったら中止


これをやると肩甲骨や肩関節の可動域が上がったり、肩こり感が消失すると言われています。なぜこれだけの動きで効果が出るのでしょう?


それはまず、親指と小指でつまむという動作で体に余計な力が入りにくくなるそうです。さらにその状態で肩甲骨を意識して動かすと、肩甲骨は体の中心部にあるので肩周辺の可動域が広がるのです。

するとそれとともに血流も良くなるので肩こりが解消されるということです。

実際にやってみるとこれはすぐにわかりますね!スタジオで実践した中居くんも絶賛していました^^

筋硬度計や血流計などを使って測定してみてもやはり数値の変化が出てましたね!しかしモニターの橋本マナミさんの胸アピールはあざといw

Sponsored Link



骨ストレッチ~腰痛解消編


腰痛解消には「手首スクワット」です。やり方は、

①座った状態で手首肩甲骨ストレッチ同様の手首のポーズを取る
②真上に引っ張られるイメージで立ったり座ったりを繰り返す(7回)
③左も同様におこなう


Jpeg
※注意点
立つ時は肘も上に伸ばすこと
笑顔で
痛みがあったら中止



このストレッチというかスクワットがなぜ腰痛に効くのでしょうか?それは、基本の手首ポーズで無駄な力が入らない状態で立ったり座ったりすることで、自然と体の中心を使うようになるのです。

すると、自然に姿勢が正されてズレていた骨盤が正しい位置に戻ってくるのだそうです。それとともに背骨も正されていくのです。そして腰痛も解消されると。

腰痛の筋硬度計など使って測定すると、やはりほとんどの方が硬さが取れていました。

骨ストレッチ~ウエストシェイプ編


この骨ストレッチは、痛みだけでなく、よぶんなお肉をも減らすことができるんです!通称「鎖骨ひねり」

結果から言うと1週間でモニターの橋本マナミさんはマイナス5cm、三船美佳さんはマイナス8cmという素晴らしい結果を出しました。

測定がちょっと怪しい気もしましたが、、、w ベッキーが測定したらダメでしょ!!まあ、でもくびれができたことはたしかです!

では「鎖骨ひねり」のやり方を。

①足は肩幅より広めに開いて立つ
②小指を鎖骨の上、親指を鎖骨の下それぞれ掴む(右手は右鎖骨、左手は左鎖骨)
③顔は正面を向いたまま左右に30秒間体をひねる


Jpeg
※注意点
笑顔で(リラックスしておこなうため)
痛みがあったら中止


「鎖骨ひねり」がなぜくびれに効くのかというと、鎖骨は胸骨と肩甲骨と連結しているので、鎖骨を動かすと、3つの骨が連動します。そして肩甲骨が動くと骨盤も連動します。

つまり鎖骨を掴んで動かすことによって、体の中心部の骨組みが一体となり、ラクに連動するということです。骨の動きにあわせてインナーマッスルが刺激されるためにウエストが引き締まるという仕組みです。

鎖骨を親指と小指で掴むとなぜ・・・?まあ体の力が抜けるということなんですが、わかったようなわからないような^^; でも効果があるからあれこれ考えずにまずはやってみろ!ということです。


ついこの前記事に書いたためしてガッテンの筋膜リリースもそうですが、今はいろいろな健康法がありますね。効く効かないは個人差があると思いますが、

いずれもお金も時間もかからなくてカンタンなのでコスパが高くてすごく良い方法だと思います!

今日から全国各地でひねりまくってる女子が増えそうですw


ちなみに松村先生の書籍も出ています。




この骨ストレッチ公式サイトもありますね。

>>スポーツケア整体研究所公式サイト

サイトを拝見して、あの指使いの謎が少しわかりました。

骨ストレッチ(芯動骨整体)のポイントは『親指と小指で體(からだ)の節々を押える』ところにあります。なかでも手首やくるぶしは重要なポイントになります。
末端部を制御することで、あえて腕や足を動かしにくい状態にするため体幹部(胴体)が半ば強制的に動くのです。(引用元:スポーツケア整体研究所


ではなぜそんなメカニズムが働くのかは謎ですが、これも古武道からの流れなんでしょうか。

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆骨ストレッチはかなりカンタンにできる!
◆指の持ち方がキモ!
◆ウエストもくびれるぞ!
◆不思議なメカニズムだけど効果アリ!

 
今回は以上です☆

Sponsored Link

PREV:ためしてガッテンで肩こりの新治療法!筋膜のシワを伸ばす方法とは?
NEXT:ナイナイアンサーで美味しい逆アルデンテご飯を炊く方法について紹介!