ためしてガッテンで肩こりの新治療法!筋膜のシワを伸ばす方法とは?

gattten
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2015年9月9日のためしてガッテンは肩こりについて。もう肩こりのことって...

Sponsored Link



2015年9月9日のためしてガッテン肩こりについて。もう肩こりのことって番組で何回もやっているんですが、今までと着目点が違うということです。

何が違うのかというと、今までは筋肉のほぐし方のあれこれを発表していたのですが、今回は筋肉でなく『筋膜』でした。

この筋膜が原因で、ほぐれた筋肉もすぐに元通りにカチカチになって、肩こりがなかなか治らないとのこと。ではまずは筋膜について。

筋膜とは


kinmaku


筋膜とは筋肉を包んでいる繊維製の膜で、体全体をウェットスーツのように覆っています。

maku


筋肉は数千から数万本の筋繊維で作られていていますが、それらの筋繊維がバラバラにならないように束ねているのが筋膜ということになります。

だから、筋膜がないと筋肉はまとまらないので、うまく収縮できずに力を出せなくなります。調理前の鶏肉を見ると、薄皮が一枚表面にあるのがわかるかと思いますが、それが筋膜です。

kinmaku22



で、この筋膜が癒着してシワになってしまうと中身の筋肉がせっかくほぐれてもまたコリを感じてしまうということです。入れ物(筋膜)におかしな歪みがあれば中身(筋肉)もその歪んだ形になってしまうのです。

ではなぜ、筋膜がシワになってしまうのかというと、筋肉が硬くこった状態を何度も繰り返し起こすと、筋膜も同じように硬くなったりしますが、筋肉のようにほぐれないままになるからです。

筋膜が癒着して硬くなっていると、コリも感じますが、それだけではなく、筋肉の動きが悪くなるので筋肉そのものの力が出なかったりします。

Sponsored Link



筋膜のシワ(肩シワ)の取り方


番組の冒頭では、エコーを当てて画像で確認しながら生理食塩水を注射で注入して癒着した筋膜を剥がしていましたが、あんなことは病院に行かなくてはできませんし、病院に行ってもやっているところはまだ少ないと思います。

だから自分でできれば一番良いわけで。ということで自分でできる筋膜の肩こりならぬ肩シワ治療法をご紹介。

自分でできる筋膜リリースのやり方


※この筋膜リリースのやり方は2017年1月20日の「金スマ」でも取り上げられていました。ほぼ同じやり方です。

【斜め腕伸ばし筋膜リリース(座位)】

kin20
1、右手を斜め後方に伸ばす
2、指先が床にもぐり込むイメージで
3、少し顎を引いて首を左に倒す
4、左手で右肩を押さえる
5、左耳を前に出すように首を回す
6、この状態で20秒~90秒キープ
7、首を傾けたまま鼻を左肩に近づけて20秒~90秒キープ
8、反対も同じように


【平泳ぎ風筋膜リリース(座位)】

kina21
1、両腕を前に伸ばして(手のひらは下向き)20秒~90秒キープ(背中を丸めずに肩甲骨だけを前に押し出す)
2、肘を肩の高さのまま後ろに引き20秒~90秒キープ(肩甲骨同士をあわせるイメージ)
3、肩甲骨を起こすイメージで肘は曲げたまま手を上げて20秒~90秒キープ(バンザイの形)※肘が下がらないように


【S字筋膜リリース(立位)】

kin23
1、右手を頭の後ろ、左手は背中の後ろで両肘を90°に曲げる
2、両肘を反時計回り方向に回して20秒~90秒キープ
3、右足を前にクロスさせ体を左に倒して20秒~90秒キープ
4、反対も同じように


【バレリーナ風筋膜リリース(立位)】

kin24
1、右手の平を自分に、左手の平を後ろに向けて右足を一歩前へ
2、右手は上に左手は下に伸ばして体を軽く左へひねったまま20秒~90秒キープ
3、反対も同じように


これらの動きを1日3セットが理想です。1種目90秒ずつできることが望ましいようですが、初めは少ない秒数でしばらく行って、慣れてきてから徐々に秒数を増やしていったほうが体には安全です。


私もさっそく実践しましたが、肩甲骨の内側と、肋骨のあたりがツリました!!それだけ普段伸ばしていないのでしょうね^^; やはりいきなり張り切るのは危険です。

明日は筋肉痛になるような気がしますw 地味な動きですがかなり効きますよ!

Sponsored Link



ストレートネックを治すタオルストレッチ


肩こりの原因の一つとされるストレートネック。頚椎の生理的なカーブがなくなってしまった状態を言うのですが、スマホやパソコンなどのデスクワークの姿勢が原因と言われていますからストレートネックは現代人に激増しているようです。


パソコンやスマホを使っている姿勢では、負担がかかる後頭部付近が硬直してきます。すると硬直した部分の動きが悪くなり
あごを引くことが難しくなるので、つねに顎が上がった状態になります。


するとその姿勢がクセづいてしまい、ふつうに正面を見ようとするときでも首全体が前に出たままになってしまうのです。横から見れば肩の位置よりも耳が前に出てしまっています。

katamimi1



ということでそのストレートネックを治す方法も紹介していました。やることはタオルを使ったストレッチです。使うタオルはごく普通のフェイスタオルです。

1、タオルを両手で持ち、首の後ろの真ん中に当てる
2、両手でタオル斜め上に引っ張り 頭を少し上に倒す

kin25
3、その状態から、あごをのど元に引きつけるようにうなずく動作をする(5秒~20秒)

kin24
1日5セットが理想の目安です。

これもやってみましたが、私はストレートネックではないのか、あまり抵抗を感じることなくできました。


竹井仁教授のプロフィール


今回番組で監修をしていたのは、竹井仁教授です。

takei
名前:たけいひとし
生年月日:1966年
出身地:愛媛県
肩書:
理学療法士
リハビリテーション修士
医学博士
現在:首都大学東京健康福祉学部理学療法学科教授



徒手療法・運動学・神経筋骨関節疾患が専門分野で、教鞭を取りながらも病院で理学療法業務を行い、また数々の書籍も出しています。




ガッテンでは、筋膜がこれから新治療法!とか言ってましたが、個人的にはかなり以前から知っていました。というのも腰痛で時々お世話にっている治療院の先生が筋膜リリースを行っていたからです。


その先生は、
「筋膜を狙わないと、肩を揉んでもらっても(すぐに戻るから)お金がもったいないよ!」
ってずっと言ってました。

たしかに竹井先生と同じように軽~く触れているだけで、こっているところがとろける感じになるんで不思議でしたが、今回の番組で理屈がわかって良かったです(^^)


ネットで調べると、エステでも筋膜リリースをやってるみたいですし、最近ではトレーニングギアでも筋膜に注目しているようです。





これに体のいろんな部分を乗っけてゴロゴロするみたいです。ストレッチポールとは違うのでしょうか?


ちなみに最近金スマで放送されていた骨ストレッチも体の変化がわかって面白いですよ!

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆筋肉を解すだけではダメ!筋膜のシワを取ろう!
◆誰かにやってもらってもいいけど自分でもできる!
◆いきなり張り切ってやるとツル!
◆これからどんどん注目されるみたい!

 
今回は以上です☆

■■ためしてガッテンの関連記事■■
>>足のむくみや疲れ、夜中の足のつりの原因や予防策とは?

>> 超カンタン冷え性改善法!

>>長生きホルモンを増やす壁ネクチン体操とは?

>>頭痛は予防できる!?新しい治療方法を紹介!

>>尿ハネしないオシッコのやり方について!

>>スタミナ源のミトコンドリアを増やす方法とは?

>>白内障の予防方法について!

>>減塩しないでも減塩できる方法?

>>ダニの撃退法とアレルギーの最新治療法について!

>>熱中症対策の新常識!

>>帯状疱疹の早期発見方法や予防方法とは?

>>氷水出し緑茶のすごい効果!

>>ビタミンCの効率的な摂取方法とは?

>>糖尿病には腸のスイッチを!

>>危険なむくみの見分け方!

>>すい臓がんの早期発見には血糖値が関係する?

>>足首捻挫の治療と予防にはコラーゲン?

>>しゃっくりの止め方や効果について!

Sponsored Link


PREV:金スマで紹介された小林教授の「腸活」の効果がすごい!やり方は?
NEXT:金スマ・骨ストレッチのやり方は?肩こり腰痛に!ウエストがくびれる?