みんなの家庭の医学で夏バテの新原因!うつ熱や疲労回復物質とは?

natubate
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 暑さが尋常ではないんですけど、とりあえずは夏バテしていないカズ吉です...

Sponsored Link



暑さが尋常ではないんですけど、とりあえずは夏バテしていないカズ吉です。今回、2015年8月11日放送の「みんなの家庭の医学」では冷え症と夏バテについて特集していました。

この記事では夏バテについて番組で紹介されていたことをワタシなりにまとめてみました☆


熱がこもる『うつ熱』!?



夏バテにもいろいろな種類があるみたいで、番組では3つ紹介していました。まずはそのひとつとして「うつ熱」が取り上げられました。

うつ熱というとあまり聞き慣れない言葉ですが、どういう熱のことなんでしょうか?調べてみるとうつ病とは関係ないようですね。


うつ熱とは、体内で産生された熱を体外に放出できずに、こもってしまい体温が上がってしまうことを言います。

つまり汗をかいて身体の熱を下げるのですが、汗をかけない人はうつ熱状態になってしまうのです。


うつ熱状態になると、頭痛やめまい、だるさなど熱中症の一歩手前の症状が出てきます。これは夏バテというには軽すぎると思います。

またうつ熱状態は、通常の発汗よりも倍近い量の塩分が汗とともに放出してしまうので、ますます熱中症にかかりやすくなってしまいます。


ではなぜ、うつ熱になってしまうのでしょうか?


その理由は

「汗腺の機能低下」

です。


汗腺は血液から塩分を吸い上げてその塩分に吸収されるように水分が吸い上げられて皮膚に汗をなって出てきます。そして吸い上げられた塩分は再び血中に戻されます。

しかし、汗腺の機能が低下すると吸い上げる塩分も水分も少なくなり、塩分を血中に戻す力が落ちるために、水分と塩分が一緒に汗になって出てしまいます。

さらに塩分が濃い汗は蒸発しにくいので、熱を放出しにくくなり、体温が下がりにくくさせてしまうのです。


体内の塩分が奪われ、さらに体表の塩分濃度の高い汗で放熱が妨げられることによって、夏バテ→熱中症という大変なことになってしまうのです。


制汗剤で汗を止めるのって、あまり良くないかもしれませんね。スゴい働きをしている汗腺に申し訳ないというか・・・。でもできれば汗はかきたくないという気持ちもわかります(^^;)


ここ数年、熱中症にかかる人が増えていますが、増加原因のひとつとしてこの「汗腺機能の低下」があると言われています。

Sponsored Link



汗腺機能低下の原因


汗腺の機能低下が夏バテや熱中症を引き起こすというのはわかりましたが、なぜ汗腺の機能が低下してしまうのでしょうか?

その理由は2つ挙げられていて、ひとつは

「暑熱順化ができていない」

ということと、もうひとつは

「水分摂取量が少ない」

です。

暑熱順化とは、身体が夏の暑さに慣れることを言います。暑さを感じると身体は発汗して体温を調節しようとします。それとともに汗腺の機能が活発になるのですが、

クーラーによって汗をあまりかかない温度で夏を過ごしていると、汗腺は働く必要がないため、機能が低下してしまうのです。

また室内で身体を動かさずにいると、筋肉を動かすことによる熱の産生がなくなるのでますます汗をかかなくなってしまっています。


そして動かないし、汗をかかないので水分摂取量が少なくなります、水分摂取が少ないとますます発汗量が減るという負のスパイラルにはまりこんでしまいます。


汗腺機能を高めるには?


では、夏バテにならないように汗腺機能を高めるには何をしたら良いのでしょうか?

番組では家庭でもカンタンにできる方法を紹介していました。

それは

「半身浴」

です。

38~39℃のお湯に30分浸かるだけでOK。これを1週間続けるとかなり汗腺の機能が正常に働くようになるそうです!

・・・半身浴はもう前から言われていることですよね。もっと新しいことを教えてくれるのかと思いましたが、やはり一番お手軽かつ安全にできる方法なんでしょうね。

だるいからと言ってシャワーで済ますのは良くないですね!

疲労回復物質『FR』とは?


次の夏バテ新原因。それは体内にある『疲労回復物質』の働きが弱っているからなんだそうです!

疲労回復物質なんてこれもうつ熱同様、私にはあまり聞いたことのない言葉です。疲労(Fatigue)回復(Recovery)物質ということで頭文字をとってFRと言うそうな。

このFRは2011年に日本でその存在が発見されたとか。FRは身体が疲労を感じると全身の細胞から分泌されるタンパク質の一種です。FRによって、疲労物質を取り去ってくれるのです。

夏バテを起こしている人は、このFRの働きは弱くなっている可能性があると考えられます。FRの働きは、生活習慣と密接に結びついていて、悪い生活習慣を送っている人は当然FRの働きが弱くなり、良い生活習慣を送っている人はFRの働きが活発です。


では、このFRの働きを悪くしている生活習慣というのはどのような生活習慣なんでしょう?

それは

「自律神経のバランスが悪い人」

です。

つねに交感神経が優位になってしまう生活習慣を送っている人が、FRの働きを弱めて夏バテを引き起こしているのです。

逆に副交感神経が優位に働く人はFRの働きが活発になるので夏バテ知らずでいられるのです。


番組では、何人かのモニターさんで実験を行いました。その中で唾液中のあるものの数値を計測していました。

そのあるものとは「ヒトヘルペスウイルス」の数です。


ヒトヘルペスウイルスというのは、水疱瘡や帯状疱疹を引き起こす、あの誰もが持っているウイルスです。

このウイルスは面白い性質があって、その人の身体が疲れていると、この身体にいるのは危険だと察知して、唾液の中に集まって口から逃げようとするそうです。

なので、疲労が溜まっている人は唾液中のヒトヘルペスウイルスの数が多いのです。


いちおう8万個が基準値で、それ以下だと疲労度は少なく、8万個以上は疲労しているということになります。

私の数値も調べて欲しい!と思いましたが、この検査はどこもやっていないみたいです。残念!


番組ではモニターさんの中で、ヘルペスウイルスが多い人と少ない人の生活習慣をチェックしました。するとその違いが判明。

まとめると、

ヘルペスウイルスが少なくFRが良く働く人は副交感神経が優位になるために次の行動を取っていました。

「一人の時間を作って過ごす」

「クラシック音楽を聴く」


旦那さんが出かけた直後に副交感神経の数値が急激に上がったのは衝撃でした(^^;)

あれじゃあ旦那さん、気を悪くしそうですw でも身体は正直で、好きだろうがなんだろうが1人でくつろぐ時間が何よりリラックスできるのでしょうね。



そしてクラシック音楽。かねてからクラシックは心を癒やすと言われていましたが、これは本当のようです。明日ツタヤが忙しくなるかもしれません(^^)

細かく言うと、午前中は交感神経が優位に働きやすいので、昼くらいに1人になってくつろぐ時間があるとかなり副交感神経優位になるようです。

昼寝が疲労を取るというのはこういう理由もあるからではないでしょうか。


今度は反対に悪い生活習慣、FRの働きを弱くしてしまう行動として挙げられていたのは、

「いびき」

です。

いびきをかくと、体内に取り込む酸素量が減るので、酸素量を保つために交感神経を優位にして、心拍数を上げる必要がでてきます。

ということは、FRの働きが鈍くなるということです。

舌体操のやりかた


そこでいびきを減らす対策方法の紹介です。何をやるのかというと、「舌の体操」です。

体操を行うと、いびきの時間や音が小さくなる効果があると言われています。

やることは3つです。

【舌体操第一】
おもいっきり舌を出して伸ばす(10秒間)



舌の根元の筋肉が鍛えられます。


【舌体操第二】
口を閉じたまま舌全体を上顎にペタッとつける(10秒間)



感じとしては、つばを飲み込んだ後の舌の位置ですね。
これも舌の根元の筋肉が鍛えられます。


【舌体操第三】
口を真一文字に閉じ、両手こぶしで下顎を強めに押す(10秒間)


これは口の周りの筋肉を鍛える体操になります。
咬筋などの抵抗運動だと思われます。
寝ているときに口が開きにくくなって舌の位置が安定すると言われています。


これら3つの体操を10秒×5回を1日3セット行います。


この舌体操に加えて「一人の時間を確保」と「クラシック音楽」を加えてモニターさんが5日間実践したところ、基準値の8万個以下にはならなかったものの、前回の計測値よりも4万個ほど減少しました。

いびきもかなり減ってました。

ということで、この方法は一定の効果があるみたいです。


朝起きた時に何だか疲れているなあ・・・という時はいびきがかなり関わっているのかなあと感じました。

個人的には一人の時間は確保できているので、あとはクラシック音楽と舌体操をやってみようと思います。これならカンタンにできますからね!

Sponsored Link



夏バテと思ったら脳梗塞だった!


だるいのは夏バテだと思ったら実は「脳梗塞」だったという怖い話でした。脳梗塞が最も多い時期は6月から8月というデータが出ています。

このケースは、汗をかいたら良くなるとか副交感神経を優位にすればいいとか、そういう次元の話ではありません。一刻も早く夏バテと脳梗塞を見分けなければ本当に危ないです。

そこで脳梗塞の可能性が高い症状をチェックしてみましょう。


・いきなりだるさに襲われるが短時間でだるさが消える

ちいさな血栓が詰まった時にだるさが出て、血栓が溶けた時にだるさが消えるようです。


・手足のシビレや痛み

・距離感がわからない

これらは同時に起きることもあるそうで、血栓がつまった周辺部分の脳の働きが傷害されるため、この他にもモノが二重に見えたり、めまいが起きたりすると言われています。


では、なぜ脳梗塞になってしまうのでしょうか?

血栓が脳の血管に詰まって梗塞が起こるわけですが、血栓ができるのは血液中の水分が少なくなり血液濃度が高くなる、いわゆるドロドロ血になってしまうからです。

ということは、つまり水分摂取量が少ない、脱水症状を起こしているから脳梗塞を引き起こしているのです。

年配者の方が、喉の渇きに対して鈍感になるのでなおさら脱水症状を引き起こしやすいといわれています。

なので対策としては、1日の水分摂取量をあらかじめ決めておくことです。


飲みやすい量を1日で小分けにして飲む方法が一番良いと思われます。

例えば1回100ml~150mlを9~10回くらいに分けて飲むくらいが適量のようです。

起床時・朝食時・午前10時・昼食時・午後3時
夕食事・入浴前・入浴後・就寝前

といった感じでしょうか。

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆うつ熱や疲労回復物質は初めて聞いた!
◆汗をかくって大事!
◆やっぱり自律神経も大事!
◆水分補給も!
◆脳梗塞は夏に多いので要注意!
◆舌体操はカンタンにできるからやってみよう!

 
今回は以上です☆

Sponsored Link


PREV:八嶋智人の身長や性格が気になる!嫁や実家についてもチェック!
NEXT:横澤夏子は顔がでかいけどカワイイ!?ネタや結婚について!