白内障の予防改善方法!手術なしでも治る?「ためしてガッテン」

medama
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2015年8月5日のためしてガッテンでやっていたのは「白内障」です。白内障...

Sponsored Link



2015年8月5日のためしてガッテンでやっていたのは「白内障」です。白内障というと手術しか治療方法がないというイメージがあります。

ただ、現在は日帰り手術などもあってわりとお気楽な手術という感じもしますが、できれば手術は避けたいところでもあります。

今回のためしてガッテンでは、手術をしなくてもいいように50代から早めのケア方法を教えてくれました。

自覚症状はなくとも・・・


白内障は早い人は40代から始まり、50代では3~4割の人がかかり始めると言われています!視力低下や目のかすみなどの自覚症状がなくても、検査で診ると、水晶体が少しずつ白く濁ってきているそうです・・・。

自分で鏡を見てわかれば良いのですが、検査じゃないと濁り始めているのかどうなのかわからないようです。

だから、前もって検査を受けるしかないんでしょうか?


番組では冒頭に最新の白内障手術についてやっていました。レンズをあっという間に入れてすぐに手術が終わるんです!日帰り手術で大丈夫な理由がわかりました。

でも、やっぱり手術を避けられるのであればそのほうがいいわけで。


初期症状の発見方法その1


じつは検査を受けずとも、白内障において、自覚症状のない初期症状を発見できる方法があるんです。

「うす暗いところで文字や絵を見ると二重三重に見える」

明るいところならまったく問題がないのですが、暗いところでものを見ると3Dのように二重三重に見えてしまうのは、白内障が始まっているかも、とのことです。

その理由は、疲れ目ではありません。このケースは黒目の外側から白濁が始まっている場合に限った話ですが。(番組では「トゲトゲ型白内障」と言ってました)薄暗いと瞳孔が開くので外側の濁っている部分が出てきます。


hakunai1



白いトゲみたいなものですね。瞳孔が開くと、この白い濁りの部分を通る光の量が増えます。濁りを通過した光というのは、そのまま網膜にストレートに到達せず、ズレてしまうのでものが二重三重に見えてしまうのです。


Jpeg



ということで暗がりでモノが二重に見えていたらまず白内障を疑うべし、なんです。

手っ取り早い方法は、「月」を見ることです。やり方はかんたん。視力をメガネなどで矯正した状態で片目ずつ月を眺めるだけです。

Sponsored Link



初期症状の発見方法その2


もうひとつの発見方法は、先ほどの濁り方とタイプが違うので、発見方法も異なるのです。どんな初期症状なのかと言いますと、

「近く物が見えるようになる(老眼が治る)」

ということです。

このタイプは、黒目の外側からではなく、真ん中から白濁が始まるタイプです。

Jpeg



今まで老眼が進んで近くのものが見えなくなっていたのに、なぜか最近見えやすい。となった場合、これは自然と老眼が治ってラッキー!ということではなく、

水晶体がタンパク変性を起こし硬くなったものが、レンズの役目を果たして、ピントをたまたま合わせてしまっているのです。

だからけっして健康になったわけではありません。

ほうっておけば、硬くなった水晶体の部分は変色(黄色→茶色)してしまい、やはり最後には視力低下につながるのです。。。

だから番組では水晶体の中央付近から白濁が始まるタイプを「色めがね型白内障」と読んでいました。

いずれの型も初期症状をどのように発見するのか、理解することができましたが、ではどうやって手術回避まで持っていけるのか?ということですが・・・・

手術しないで予防できる方法とは?


どんな方法を用いるのかというと、タイプによってそれはずばり「目薬」です。といっても最近出来た薬ではなく、30年前から使われている目薬です。

ごくごく今まで処方されてきた目薬だそうです。ほとんどのところで使用されているものです。

おそらく番組で紹介されていたのはピレノキシン点眼剤「カタリンK」だと思われます。

katarink



この目薬が有効なのはトゲトゲ型白内障で、初期の段階で使うと進行スピードを50%遅らせることができるということが最近わかってきたのだとか。

ただし、ある程度進行したものには効かないようです。


また、色めがね型白内障については、マルチビタミンの摂取で30%ほど進行スピードを遅らせることができるそうです。




また、酸化ストレスが原因となるのでバランスの良い食事を摂るようにも心がけることが大切なようです。抗酸化作用があるサプリなどの服用も酸化ストレスを緩和させてくれるようですね。



そして共通した予防法として紹介されたのが、「紫外線カット」です。帽子やサングラスといったもので目に入ってくる紫外線をカットすることも大切です。

トゲトゲ型白内障の20%の原因は紫外線によるものだそうで、だから紫外線対策はかなり大切なことです。


ということで、結局のところ初期症状を発見しても、遅らせることは可能ですが症状を消すことは難しいようです。進行を抑えてもいずれは手術するしかない、というところが現状です。

でも、進行を遅らせるだけでも良しとしなくてはいけませんね。もしかしたら粘っている間に手術しなくても治ってしまう新たな治療法が開発されたりするかもしれませんから^^

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆白内障には2つのタイプがあった!
◆とにかく早めの検査を受けることが大切!
◆トゲトゲ型の方がまだマシみたい!
◆100%手術回避できるわけではない!
◆でも遅らせることはできる!
◆抗酸化サプリの良いと思う!
◆紫外線対策は共通必須項目!

 
今回は以上です☆

■■ためしてガッテンの関連記事■■
>>カンタンにできる動脈硬化のチェック法とは?

>>長生きホルモンを増やす壁ネクチン体操とは?

>>筋膜のシワを取って肩こりを治す方法!

>>尿ハネしないオシッコのやり方について!

>>スタミナ源のミトコンドリアを増やす方法とは?

>>減塩しないでも減塩できる方法?

>>ダニの撃退法とアレルギーの最新治療法について!

>>熱中症対策の新常識!

>>帯状疱疹の早期発見方法や予防方法とは?

>>氷水出し緑茶のすごい効果!

>>ビタミンCの効率的な摂取方法とは?

>>糖尿病には腸のスイッチを!

>>危険なむくみの見分け方!

>>すい臓がんの早期発見には血糖値が関係する?

>>足首捻挫の治療と予防にはコラーゲン?

>>しゃっくりの止め方や効果について!

Sponsored Link


PREV:林修の今でしょ!講座で名医が実践している脳梗塞の予防法とは?
NEXT:八嶋智人の身長や性格が気になる!嫁や実家についてもチェック!