ためしてガッテン・熱中症対策とは?ドライボディの原因について!

tamesite
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2015年7月15日のためしてガッテンは熱中症についてでした。気候の変化か...

Sponsored Link



2015年7月15日のためしてガッテンは熱中症についてでした。気候の変化からなのか、年々熱中症による被害が増えているような気がします。

気をつけていてもかかってしまうことのある熱中症。

行政や医療機関、いろいろなメディアでも毎年のように注意を促されているにもかかわらず、熱中症にかかってしまうのは「ドライボディ」という聞き慣れない言葉がキーワードでした。


ではいったいドライボディとはどんな意味なのでしょうか?


ドライボディとは?



直訳すると「乾いた体」となりますが、そのとおりで体内の水分が足りていない状態のことを指します。

ですがそれにだけではなく、水分を摂取しているにもかかわらず、体内に水分を蓄えておくことができない体のことを


「ドライボディ」


というそうです。

常に水分不足の体になっているので、脱水状態→熱中症になってしまうんです。


このドライボディは年齢はあまり関係なく、日本国内でも推定で400~800万人いるのでは?と言われています。

人間の体は60%が水分と言われていますが、それ以下になっているということです。


ではなぜ、ドライボディになってしまうのでしょうか?

Sponsored Link



ドライボディになる原因


ドライボディになってしまう原因は、

「ちょめいなるいそう」

です。

るいそう?聞いたことがない言葉ですね・・・。


調べてみて漢字を当てはめると「るい痩」と書きます。

つまり「ちょめいなるいそう」は「著明な羸痩」というわけで、痩せて筋肉が落ちている状態ということです。

ところが、見た目痩せていなくても体内に水分を溜められない人もいます。


それは、脂肪が多く、筋肉が少ない人です。


だから、見た目が痩せている人と言うよりも、筋肉量が少ない人がドライボディになりやすく、はては熱中症にかかりやすくなってしまうということです。



kinniku1




筋肉は、水をためこむタンクのような役割をするなんて意外でした。


たとえば体重60kgの男性ではおよそ20リットルの水分を含んでいると言われているそうです。

年齢とともに筋肉が減ってきて、80歳位になるとその半分の10リットルくらいしか含まなくなるらしいです。

熱中症で命を落とすのは圧倒的に年配の方が多いのは、筋肉量が少ないというのもあるのでしょうね。



熱中症の症状が出る原因とは?


脱水状態になるといろいろな症状が出てきます。

たとえば

・神経過敏で体中の痛み
・イライラやだるさ
・吐き気
・頭痛
・寒気
・大量発汗

など。こういう症状が出る原因は

なんと、「脳が萎縮する」からだそうです!

1%の脱水があっても脳が萎縮してしまうとか。


熱中症は脳にダメージを受けるから命が危険にさらされるのですね。。。


ちなみにこの熱中症(脱水症状)と二日酔いは同じメカニズムと考えて良いみたいです。

ってことは、二日酔いであんなに気持ちが悪くて頭がガンガンするのは脳が萎縮しているから?と考えると飲みすぎは本当に危険ですよね。脳にダメージを与えてますから。。。


熱中症対策は?


さて、これまでのことを踏まえて熱中症を防ぐにはどうしたらいいか?ということですが、


①水分と塩分をこまめに摂る
②涼しい場所へ
③食事をしっかり摂る


これは今まで言われていたことですよね。③は食欲がないからといって、1食抜いてしまうと、コップ2、3杯の水を抜くのと同じことだそうです。

そして水分・食事摂取に加えて、番組が着目していた


④「筋肉のトレーニング」


も対策の一つとして紹介されていました。


番組でおすすめしていたのは「下半身トレ-ニング」です。体内の筋肉の6割が下半身にあるので効率的ということです。

外で歩くことができる人は、「インターバル速歩」です。やり方は

最初に3分普通の速度で歩いてたら、次に3分間は速歩きをします。そしたらまた普通の速さで3分。これを15分間繰り返すだけです。それだけで、十分筋肉量がアップするというデータがあるみたいです^^

理想は週4回くらいだそう。週4回はキツいっすわ~^^;


ただ、夏の暑い時期にそんなに歩けないよ~という人は、イスやテーブルなどにつかまって、膝を軽く曲げるスクワット。

やり方は、少しきついなと感じる程度まで膝を曲げます。10回を1セットとして1日2セットが効率良く筋肉量アップにつながるようです。


さらに筋肉量を効率良く増やしたい方は、運動後30分以内に牛乳を飲むことを勧めていました。タンパク質ゲットですね。

私は牛乳が苦手なので、豆乳かな・・・。


熱中症対策では水分と塩分摂取が大事ということは知っていましたが、筋肉がキモだったとは知りませんでした!まさにガッテンな回でした^^

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆筋肉量が少ないと熱中症に!
◆だから筋トレが熱中症対策に有効!
◆熱中症の症状が出るのは脳が萎縮して機能低下を起こすため!
◆二日酔いと一緒らしいから、飲みすぎはヤバイ!


今回は以上です☆

■■ためしてガッテンの関連記事■■
>>筋膜のシワを取って肩こりを治す方法!

>>尿ハネしないオシッコのやり方について!

>>スタミナ源のミトコンドリアを増やす方法とは?

>>白内障の予防方法について!

>>減塩しないでも減塩できる方法?

>>ダニの撃退法とアレルギーの最新治療法について!

>>熱中症対策の新常識!

>>帯状疱疹の早期発見方法や予防方法とは?

>>氷水出し緑茶のすごい効果!

>>ビタミンCの効率的な摂取方法とは?

>>糖尿病には腸のスイッチを!

>>危険なむくみの見分け方!

>>すい臓がんの早期発見には血糖値が関係する?

>>足首捻挫の治療と予防にはコラーゲン?

>>しゃっくりの止め方や効果について!

Sponsored Link


PREV:みんなの家庭の医学の腰痛の新原因はタイトハム!10秒ストレッチ?
NEXT:ためしてガッテンでダニの撃退法とダニアレルギーの治療法について!