ためしてガッテンで帯状疱疹の早期発見法!予防はワクチン接種?

tamesite
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2015年7月8日のためしてガッテンは「帯状疱疹」の特集でした。私は数年前...

Sponsored Link



2015年7月8日のためしてガッテンは「帯状疱疹」の特集でした。私は数年前に一度帯状疱疹ができて、今も少し跡が残っています。あの痛みはもう味わいたくありません!!

ということで、番組でやっていたことをまとめてみました☆

帯状疱疹は、子供の頃に水ぼうそうにかかった人であれば、誰でも罹る可能性があります。日本人の9割は水ぼうそうに罹っているので、ほとんどの人が帯状疱疹になってもおかしくないんですね。。。


抗ウイルス薬が効かない?


数年前のためしてガッテンでも帯状疱疹の特集をやっていて、その時は発疹を発見してから3日以内に病院に行けば、抗ウイルス薬で症状を抑えられるということをやっていました。

第1弾で紹介されていた治療法である抗ウイルス薬ですが、実は人によっては効果が表れず、帯状疱疹の症状が治まるまで数ヶ月罹ることも多いらしいのです。

それはなぜか?

抗ウイルス薬は一応は発症から72時間以内ということが推奨されていますが、できるだけ一刻も早く服用したほうが、効果が出やすいとのこと。

72時間以内なら大丈夫、ということではないらしいのです。


ということは、いかに帯状疱疹の症状を早く発見できるかが、ポイントになってくるわけです。


帯状疱疹の早期発見方法とは?


とにかく早く見つけることが、帯状疱疹の広がりを防ぐことができるわけですから、発見方法は絶対に覚えておきましょう!

帯状疱疹の発疹を見分ける方法とは、


【部位】

帯状疱疹は出るところがおおよそ決まっているので、場所で判断ができます。

番組内の調査で、帯状疱疹が出やすい部位のランキングをやっていました。それによると

第1位 胸まわり 31%
第2位 お腹まわり 29%
第3位 頭部 18%


腕を除いた上半身に出来る確率が高いということがわかりますね。私の周りでは口唇ヘルペスも多い印象ですが。

ただ、これだけだと確実ではありません。


【発疹前の痛み方】

帯状疱疹が出る前にいつもは感じない、痛みが出ると言われています。この痛みは、ウイルスが神経を通ってくるのでチクチク・ピリピリといった電気が走るような感覚が特徴的です。

そして、そのような痛みや違和感があるところの皮膚に注目して、プツっと発疹が出ていれば、ほぼ間違いなく帯状疱疹ということです。

また、中には電気的な痛みや違和感なく発疹が出る場合があるようですが、帯状疱疹は日ごとに広がってくるので、広がってきたら、帯状疱疹を疑いましょう。

Sponsored Link



帯状疱疹にならないようにする予防方法




waku1




帯状疱疹の予防法とは「ワクチン接種」でした。水ぼうそうのワクチンを打っておけば、帯状疱疹が出てこなくなるのです。


平成26年10月からは1歳児と2歳児は2回の接種が無料となったみたいで、そういう試みにより、子どもたちの水ぼうそうの罹患率は減少しています。

ところが、それに伴い、大人の帯状疱疹が増えるのではと言われています。

なぜなら罹患率の高い子どもたちがいなくなることで、一度水ぼうそうにかかった大人は、免疫強化されることがないからです。

水ぼうそうウイルスは空気感染するのですが、子どもがみんなワクチンの定期接種を受けてしまうと、ウイルスを巻いてくれる子どもがいなくなってしまうのです。


こういった環境ですから、大人は積極的にワクチン接種を受けないと、帯状疱疹にかかりやすくなってしまいます。残念ながら現在大人のワクチン接種は無料ではありません。

1回約1万円くらいかかるそうです。


この値段を高いとみるか・・・なってみないとあの痛みはわからないと思いますが、1万円だったら妥当かな、と個人的に感じます^^;


結局、帯状疱疹に罹ってしまったら、何だかんだで1万円以上かかると言われてますから、備えあれば、ということで予防接種を受けておいたほうが良いと思いました。


ワクチン接種の効き目はどのくらい持つのかは個人差があるみたいですが、10年に1回くらいの頻度で受けるのが良いらしいです。

とくに50代から発症率が跳ね上がるので、そのあたりの年齢から受けるのが良いかもしれません。

あと、帯状疱疹になるのは加齢や病気、ストレスなどで身体が弱っている時ですから、心身を元気に保つことが大切ですね!

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆帯状疱疹の早期発見方法はやや微妙だった!
◆とにかく早く発見すれば、症状は最小で済む!
◆一度経験するとすぐにわかります!
◆大人はワクチン接種が必須かも!


今回は以上です☆

■■ためしてガッテンの関連記事■■
>>筋膜のシワを取って肩こりを治す方法!

>>尿ハネしないオシッコのやり方について!

>>スタミナ源のミトコンドリアを増やす方法とは?

>>白内障の予防方法について!

>>減塩しないでも減塩できる方法?

>>ダニの撃退法とアレルギーの最新治療法について!

>>熱中症対策の新常識!

>>帯状疱疹の早期発見方法や予防方法とは?

>>氷水出し緑茶のすごい効果!

>>ビタミンCの効率的な摂取方法とは?

>>糖尿病には腸のスイッチを!

>>危険なむくみの見分け方!

>>すい臓がんの早期発見には血糖値が関係する?

>>足首捻挫の治療と予防にはコラーゲン?

>>しゃっくりの止め方や効果について!

Sponsored Link


PREV:「みんなの家庭の医学」夜間頻尿改善には減塩とウォーキング!?
NEXT:水曜日のダウンタウン「松本人志はロシアのスパイ説」が面白い!