ためしてガッテンで糖尿病特集!血糖値を下げる腸のスイッチとは?

tamesitetonyo
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回のためしてガッテンでは、日本でますます増えている、糖尿病について...

Sponsored Link



今回のためしてガッテンでは、日本でますます増えている、糖尿病についてでした。
 
過去にもいろいろな番組で糖尿病については取り上げられてきたのですが、いずれも完治する、ということはありませんでした。今回もやはり「治る」というよりも体質改善により血糖値が上がらなくなるというメソッドでしたね。
 
その秘密が腸にあるスイッチということなんですが、どういうものなんでしょうか???
 
薬に頼ったりせず、しかも食べることで血糖値の上昇を抑えることができるというのは、かなり嬉しいことですよね。
 
どんなことで血糖値上昇を抑えることができるのか、ワタシなりにまとめてみました☆
 

腸のスイッチ

ご存じのとおり、すい臓からインスリンが出ることで上がった血糖値を抑えることができます。私は、食べ物が消化器官に入ったということを、すい臓が感知してからインスリンを出すものかと思っていましたが、
 
じつは、小腸に食べ物が入ってきた時点で、小腸がすい臓にインスリン分泌を促す指令を出していたとは知りませんでした!
 
そのことを「腸のスイッチ」と番組では呼んでいたのです。
 

swicth1

 
詳しく言うと、小腸の部分の中でも最後尾付近に、そのスイッチがたくさんあるそうです。
 
このスイッチがもっと増えれば、もっと早くすい臓にお知らせできるようになり、血糖値がそんなに上がらないうちにインスリンを出せるので、血糖値の上昇を防ぐことができるというわけです。
 
番組では、胃バイパス手術を行うと、食べたものが小腸に多くあるスイッチに早く到達するために、インスリンの出るタイミングや出る量も多くなり、糖尿病がかなり改善すると言ってました。
 
これってスイッチだけでなく、胃が小さくなるので、食欲も抑えられるからじゃないの?と少し思いましたが。
 

腸内細菌の移植?

また次に、手術ではない糖尿病治療方法を紹介していました。これは腸内細菌を増やすという方法です。
 
でも、これがけっこうエグい!!
 
なぜエグいか?それは、良い腸内細菌を持っている人の便を採取して、糖尿病の人の腸に移植するから!www
 
どうも、腸内細菌の一つのバクテロイデスという菌が増えると、インスリン分泌を促す「腸のスイッチ」が増えるとのこと。
 
実際に、バクテロイデスを多く含む人の便を自分の腸に移した患者さんは、一定期間後にはかなり症状が改善するという結果が出始めていると言われています。
 
これを「便微生物移植」というそうです。
 
まだ国内ではやっていないみたいですね。番組で見せていたのはアメリカでのことでしたが、便を水に溶かして、お腹に注入^^; ご飯食べながらだったので想像したら食欲が・・・w
 
6週間後くらいには、糖尿病の症状もかなり良い状態になったそうです。ただ、糖尿病に対しての便微生物移植はまだ研究段階なので、これが世に出るかはわからないみたいです。
 
でも治るのならガマンするかもしれませんね。ただし、どんな人の便なのかは知りたくないですw
 

手術でも移植でもない方法!

手術はリスクもあるし、便微生物移植はまだ研究段階。ではわれわれが安全にできる、腸のスイッチを増やす方法とは?
 
その答えは・・・けっこう単純でした。
 
「野菜を食べる」でした。
 
野菜と言っても水溶性食物繊維です。ゴボウやにんにく、玉ねぎなど根のものが良いみたいです。納豆などの発酵食やきのこや海藻類もOK。
 
これらは、食物繊維が糖の吸収を緩やかにするとともに、腸内細菌を増やしてくれるのです。増えるということは、腸内細菌たちのエサになるわけです。
 

Sponsored Link


さらに効果的な食事法!

水溶性食物繊維を摂ることで腸内細菌が増え、その結果、腸のスイッチも増えるのですが、たくさん増えた分のスイッチを押すパワーが必要になりますよね。
 
そのパワーを生み出すのが「魚」
 

sakana1

 
魚を食べることによって、たくさんのスイッチを押せるようになるのだとか。
 
ただし!
 
魚をただ食べるだけではダメなんです!!
 
 
じつは、食べる順番にコツがあったのです。
 
腸のパワーを引き出す(たくさんのスイッチを押せるようにする)には、まずはじめに魚を食べるべし。 魚を先に食べることにより、インスリン分泌を促す指令がたくさん出ると言われています。
 
これが、ご飯を先に食べて、魚を後にするとインスリン分泌を促す指令が少なくなってしまいます。(グラフでも図示されてました)
 
 
口に入れた順番で、そのまま胃腸を通過するとは驚きでした。だとすると、「食べる順番ダイエット」なんてありましたが、あながち間違いではなさそうですね。
 

まとめると

一般人ができる「血糖値を抑える方法」は、
 
・水溶性食物繊維を摂って腸のスイッチを増やす
・魚を摂って腸からのインスリン分泌を活発にさせる
・食事の時はまず野菜や魚を摂ってから、最後にご飯を食べる

 
といった感じです。食事の摂り方は、飲み屋や料亭などで最後にご飯もの、というのと同じでしょうか。
 
番組では、食事の時に水溶性食物繊維のメニューを一品増やそう!と言っていましたが、もちろんその分他のおかずを一品減らしてもイイと思います。
 
むしろその方が健康的ですよね^^
 

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

◆やはり野菜は良いってこと!
◆魚は意外だった!
◆たくさん食べても良いとはいえ食べ過ぎはダメ!

 
今回は以上です☆

■■ためしてガッテンの関連記事■■
>> 顔のシミの原因と対策法!赤いシミはヤバい!?

>>カンタンにできる動脈硬化のチェック法とは?

>>筋膜のシワを取って肩こりを治す方法!

>>尿ハネしないオシッコのやり方について!

>>スタミナ源のミトコンドリアを増やす方法とは?

>>白内障の予防方法について!

>>減塩しないでも減塩できる方法?

>>ダニの撃退法とアレルギーの最新治療法について!

>>熱中症対策の新常識!

>>帯状疱疹の早期発見方法や予防方法とは?

>>氷水出し緑茶のすごい効果!

>>ビタミンCの効率的な摂取方法とは?

>>糖尿病には腸のスイッチを!

>>危険なむくみの見分け方!

>>すい臓がんの早期発見には血糖値が関係する?

>>足首捻挫の治療と予防にはコラーゲン?

>>しゃっくりの止め方や効果について!

Sponsored Link


PREV:相沢紗世はキレイだけどハーフなの?結婚や本名についてチェック!
NEXT:大崎麻子の経歴や年齢のwikiは?結婚して家族もいる?