機能性表示食品とトクホとの違いは?メリットとデメリットのまとめ!

kinou1
Sponsored Link (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2015年も新年度に入っていろいろと変わることがありますが、一般庶民に直...

Sponsored Link



2015年も新年度に入っていろいろと変わることがありますが、一般庶民に直接関わってくるものとして私が気になったのは「機能性表示食品」
 
なんでも、効果を謳えるようになったとか言われていますが、この機能性表示食品制度によって我々にはどう影響してくるのか?そして現行の「トクホ」とは何が違うのか?
 
トクホっていう印籠があるだけでありがたがって我先に買う人もいますが、
 
「トクホ食品を摂っているだけじゃ健康にはならない派」
 
である私にとって「機能性表示食品」がナンボのもんじゃい!と思ってますが一応調べてみましたw
 

機能性表示食品とは?

 
機能性表示食品とは食品表示法に含まれる制度の一つで、2015年の4月からはその他に「食品の一括表示」や「食品の栄養表示」も変わります。
 
あ、ちなみにこの記事は機能性表示食品だけにフォーカスしていますので。
 
機能性表示食品をざっくり言うと、科学的根拠が認められれば、今までトクホ(特定保険用食品)と栄養機能食品でしか表示できなかった「健康効果」を表示できるようになったという制度のことです。
 
疾患名や病名に対して「治る」「治療」「回復」などの言葉を用いることはできないけど、特定の身体の部位への表現が認められるとか。
 
(例えば「ヒザの動きを滑らかにする」「鼻の調子を整える」など。)
 
それによって今までは表現できなかった効果をうたえるようになり、あいまいでぼやけていた表現がもっとハッキリして消費者にとってもわかりやすくなり、販売者側にとっても商品・製品をアピールしやすいと言われています。
 
 
で、トクホとはどう違うのでしょうか?
 
 
tokuho1  
 
トクホと機能性表示食品は、可能な表現については大差はありませんが、認定基準が大きく異なります。トクホは「国」の許可が必要で、機能性表示食品は消費者庁に届け出のみになります。
 
トクホは国の審査を通過して「販売許可」も得ないといけないのでかなりの労力が必要となり、トクホ取得には二の足を踏んでいた企業も多かったようです。
 
それが「機能性表示食品」にはそういった国の認可は不要になり、科学的根拠を示すデータや論文があればそれを消費者庁に届け出るのみで、60日後には「機能性表示食品」として販売できることになっています。
 
ということで、トクホは審査に通らなければならず機能性表示食品は審査ではなく「届け出」。
 
こういった大きな違いがあります。国の審査と届け出。信頼度に差が出るような気がしますね。
 
「こんな感じのデータが出たんでヨロシクッ!!」
 
今後は科学的根拠を示すデータにどれほど信ぴょう性があるのかに焦点が集まりそうです。
 

Sponsored Link


 

機能性表示食品によるメリット・デメリット

 
機能性表示制度が日本で浸透すると、どんなメリット・デメリットがあるのか?私の個人的な考えをちょっと挙げてみました。
 
【メリット】
 
・目的の商品を選びやすくなる(消費者)
・一定の信頼を感じる人が増える(消費者&事業者)
・科学的根拠の無い食品の淘汰(消費者)
・トクホへの申請よりもコスト減(事業者)
・ターゲットへの訴求効果(事業者)
 
【デメリット】
 
・国の認可ではないという不安感(消費者)
・科学的根拠を示すための負担(事業者)
 
 
機能性表示食品申請の届出先である消費者庁は、商品の中身まで精査しないそうで。。。審査っぽいことはするけど、あくまでも形式的なもの(システマティックレビュー)だとか。
 
何回も言いますが、これがどの程度の審査になるのかでかなり機能性表示食品の質や信頼感が大きく変わってくると思われます。
 
でも信頼度なんて消費者側はわからないから「裏で操作できるんじゃね?」なんて思われたら信頼もへったくれもないわけです。
 
また、事業者にとってはトクホほどの負担はないにせよ、機能性表示の申請をすることでさらなる利益を生めるのか?それともコストが嵩むだけになってしまうのか?
 
その見極めが必要で、業界によっては今回の制度改正は手放しで喜んではいないようです。
 
 
というのも、機能性表示食品にすると表示項目が当然多くなるので、今までの表示形式を変える必要があるし、商品によっては容器ごと変えなければいけなくなるという余計なコストが発生してしまうからです。
 
科学的根拠を示すための労力も含めて相当な負担になったりするんですね。
 
 
このようにメリット・デメリットを見てみると一見メリットの方が多い感じに見えますが、個人的な意見としては微妙な感じですね。
 
きっと機能性表示食品制度を悪用する事業者も当然出てくるでしょう。「届出」が厳しければ話は別ですが、やっぱり許可制ではなく届け出ですから・・・。
 

事業者向けの制度?

 
穿った見方かもしれませんが、消費者のメリットがかなりあいまいなことから、この制度って消費者のことを考えてますよ!と言いながらも、一番の狙いはもっと消費を促して経済活動を活発にさせることでしょうね!と私は強く感じました。
 
制度が導入されたところで消費者は結局のところ賢明な自己判断が必要になりそうです。。。経済界の重鎮みたいな人たちが、俺達にもっと稼がせろ~と国に働きかけていたからとか?^^;
 
ともあれ、もうこの制度はスタートして6月には機能性表示をした食品が店頭に並びます。この夏はこの話題で盛り上がりそう?
 

カズ吉のまとめ&言いたいこと!

 
◆表現的にはトクホと変わりなし!
◆トクホは国の許可が、機能性表示食品は消費者庁に届け出のみでOK!
◆届け出だからきっと基準はヌルいと思われる!
◆どちらかというと経済発展策!
 
今回は以上です☆

Sponsored Link

PREV:脂漏性皮膚炎のフケとかゆみにホホバオイルやバルガスリンスは効果的?
NEXT:四ツ柳高敏先生の小耳症治療について!発症率や原因は?